2017年ドラフト1位指名予想・各球団の獲得候補と注目選手は

2017年ドラフト会議セリーグ・パリーグ12球団が狙う候補選手は?高校生・社会人・大学生のすべての中から誰が1位指名されるのか!田嶋・安田・清宮・のBG3が選ばれるのか?田嶋珠は巨人や横浜が指名するのだろうか!

今秋のドラフトは清宮幸太郎内野手(18)次第で各球団のドラフト戦略はガラッと変わるであろう、その各球団のドラフト戦略はどうなるのだろうか?清宮幸太郎内野手がプロ入りを表明した場合と、進学した場合での現段階での予想で随時更新します。

スポンサーリンク

2017年ドラフト1位指名予想・清宮クン有りの場合

セントラル・リーグ:2017ドラフト1位指名候補

1位指名候補
広島 安田 尚憲
巨人 清宮幸太郎
DeNA   清宮幸太郎or増田 珠
阪神 清宮幸太郎
ヤクルト 清宮幸太郎
中日   清宮幸太郎or鈴木博志

パシフィック・リーグ:2017ドラフト1位指名候補

1位指名候補
日本ハム      清宮幸太郎
ソフトB    清宮幸太郎or安田 尚憲
ロッテ    西村 天裕or清宮幸太郎
西武   清宮幸太郎or村上宗隆
楽天         東 克樹
オリックス    安田 尚憲or清宮幸太郎

※総評・セリーグ

今年のドラフト1位指名候補を15名に絞り込んだ広島だが、育成が上手い広島は今、急務なポジションは特になく数年先を見据えて育成する広島にジャストフィットする選手は、サード安田 尚憲内野手(18)だろう。

巨人は鹿取GMに変わりピッチャーの重要性を誰よりも理解するGMだろうが、人気に陰りが見える巨人はフロント指令でスター候補生である清宮幸太郎内野手の獲得を狙うのではないだろうか。しかし、若い野手が育ってこない巨人は重複を回避し、一部のスカウトの間からでは清宮幸太郎君より評価が高い、ドラフトでも獲得の確率が高いであろう安田尚憲内野手(18)にシフトチェンジの可能性もあるのではないだろうか。

また、清宮幸太郎内野手(18)を今年のドラフトで特Aで評価しているDeNAは、重複が予想されてもそれでも特Aの評価をしており、DeNAベイスターズの1位指名は清宮幸太郎内野手を取りに行くだろう。また、投げては150キロのスラッガー、金成 麗生選手(18)もマークしている。

阪神は清宮君がプロ入り希望届を提出した場合は1位指名を固めており阪神ファンとの噂が高い清宮幸太郎内野手を相思相愛で獲得出来るのかに期待がかかる。噂されている日本ハム・中田選手が仮にFAで阪神に来た場合は中田選手を外野にコンバートするのではないだろうか。

ヤクルトは左の長距離砲に狙いを定め清宮幸太郎内野手の獲得に参戦が濃厚と言われているが、大分県柳ヶ浦の田中瑛斗投手も高評価でマークしており、ここ5年間は投手を1位指名しているヤクルトは、1位に清宮、以下に投手の指名が予想される。

中日は1位指名候補に清宮幸太郎内野手を上げているが、最速155右腕の鈴木博志投手も上げている。しかし、清宮君がプロ入りを宣言すれば清宮幸太郎内野手の1位指名が濃厚だが、チーム事情を考えると即戦力投手を優先する場合もあるのではないだろうか。

※総評・パリーグ

日本ハムは1位指名上位候補を13名に絞り込んだようだが、その年の1番良い選手に行く方針で今年はその最上位候補、No1と言われている清宮幸太郎内野手を指名するのは間違いないだろう。

ソフトバンクは清宮幸太郎君と安田 尚憲君の2名を徹底的にマークしているようだがどちらを今年のNo1と評価するのだろうか次第だが、現段階では今年No1の清宮幸太郎内野手の1位指名が濃厚ではないだろうか。

ロッテが読めない。投手陣を再建したいロッテは最終的に投手の1位指名を予想するが、1位指名の上位候補を複数上げているが現段階では絞り切れていない感じか。ただ清宮幸太郎内野手の重複が予想される中、一本釣りで上位候補の投手を選ぶ可能性が高いのではないかと予想する。ということから最上位候補で野手なら清宮幸太郎内野手、投手なら重複は避け、西村 天裕投手の1本釣りを狙ってくる可能性も。

西武も読めないが、面白いことに過去のドラフトでは高校生通算本塁打が多い選手の獲得が一番多い球団が西武でもある。ということから特A候補としてマークしている清宮幸太郎選手の獲得が濃厚か。もしも抽選で清宮幸太郎内野手や安田内野手を外した場合は、外れ1位には村上宗隆捕手or山口翔選手が予想される。

楽天は現段階で社会人、高校生含めて一番良いと東 克樹投手を評価しており、また星野副会長は清宮父と親交があり大学に行くだろうと予想していることから清宮内野手はマークしているが熱心にマークしているNo1の評価の東 克樹投手獲得が濃厚か。

オリックスは現段階では最上位候補は清宮幸太郎内野手、安田 尚憲内野手をマークしているが、宮台 康平投手の今後の出来次第では上位に食い込んでくるか。しかし、多数の重複を回避し安田 尚憲内野手の指名と予想する。

2017ドラフト1位指名予想・清宮クン無しの場合

セントラル・リーグ:2017ドラフト1位指名候補

1位指名候補
広島 安田 尚憲or中村奨成
巨人 中村奨成 or 安田 尚憲 or 増田 珠
DeNA   増田 珠 or 西村 天裕or中村奨成
阪神 田嶋 大樹or鈴木博志or西村 天裕
ヤクルト 田嶋 大樹or安田 尚憲or鈴木博志
中日   鈴木博志

パシフィック・リーグ:2017ドラフト1位指名候補

1位指名候補
日本ハム    田嶋 大樹or草場 亮太
ソフトB         安田 尚憲
ロッテ  西村 天裕or安田 尚憲or田嶋 大樹
西武  安田 尚憲or田嶋 大樹or村上 宗隆
楽天         東 克樹
オリックス   安田 尚憲or田嶋 大樹or鈴木博志

※総評・セリーグ

広島は安田尚憲内野手が予想される。外れ1位候補は鍬原 拓也投手、村上宗隆or中村奨成捕手が予想されるが、これまでは広島のドラフトは安田の一拓と思っていたが、サードと捕手の世代交代を考えると、中村級の捕手は今後なかなか現れないかもしれず、甲子園での活躍で広島の1位は中村捕手の可能性も捨てきれなくなった。

巨人は外れ1位以外では高卒野手はなかなか取りに動かない傾向にあり、1位指名は社会時No1左腕である田嶋 大樹投手が予想されるが、夏次第で評価は変わるだろう。ここに入ってきそうなのが増田珠外野手と安田尚憲内野手だろうか。外れ1位は鍬原拓也投手、近藤弘樹投手or草場亮太投手辺りだろうか。

また、打てる捕手が課題の巨人は甲子園で3発放ち今夏の甲子園のドラ1位候補は中村奨成のみという各球団の声が聞こえてくるが、その中村を岡崎ドラフト部長は評価しており、阿部の2000本安打の節目に阿部、城島二世の呼び声が高い中村の1位指名の目が出てきた。

DeNAは西村天裕投手か増田珠外野手が予想されるが西村天裕投手を1位で狙い外した場合は外れ1位で増田珠外野手、また2,3位辺りで金 麗生内野手を投手として狙うだろと予想されるが、確実に取りたいと考え増田珠外野手の1本釣りを狙い1指名もあるかもしれない。

阪神は清宮君がいない場合は3年連続の野手指名はないだろうことから、1位指名で社会人No1左腕の田嶋大樹投手の1位指名が予想される。

ヤクルトは即戦力で社会人No1左腕の田嶋大樹投手の1位指名が予想される。外れ1位には鍬原 拓也投手を狙うだろうか。

中日が狙うのは即戦力の最速155キロのクローザー候補、鈴木博志投手が予想される。

※総評・パリーグ

日本ハムは今年のNo1左腕の呼び声が高い田嶋 大樹投手の指名を予想する。

ソフトバンクは清宮君がいなくなれば密着マークしているもう一人の安田 尚憲内野手を松田選手の後釜として指名する確率が高いのではないだろうか。

ロッテは7月に急浮上した先発と抑えの適性も高い、MAX154キロ右腕の西村 天裕投手の1位指名を予想する。

西武は今夏の成績次第でもあるだろうが、Wマークしている村上宗隆捕手と安田 尚憲内野手を天秤にかけ、最終的に村上宗隆捕手の1本釣りを狙うのではないかと予想する。しかし、左腕不足ということもあり田嶋投手の存在が気にかかる。

楽天は今秋ドラフトでNo1の評価をしている東 克樹投手を1位指名と予想する。

オリックスは宮台康平投手をマークはしているが1位or外れ1位の指名はないのではないだろうか。清宮幸太郎内野手がいなければ野手の最上位候補である安田尚憲内野手か、社会人No1左腕の田嶋大樹の1位指名を予想する。

※2017ドラフト指名候補選手まとめ記事がTOPページ下部にあります。

※7月17日現在予想の為、随時入れ替えていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする