2018プロ野球新人王予想!セ・パ12球団の候補選手まとめ

プロ野球セリーグ・パリーグ新人王予想2018

いよいよ2018年が始まり、プロ野球の開幕も間近になってきている。オープン戦が始まるまでは前評判でしか各選手の予想は出来ませんが、現段階での2018年度セ・パの新人王候補の予想をまとめたいと思います。

また、オープン戦が始まれば有る程度の予想が絞れてくると思いますがそれまでは複数の候補選手を挙げ、オープン戦での新人王候補選手の成績から本命選手を絞っていきたいと思いますが、それまでは複数の候補を挙げ予想を楽しんでいきたいと思います。

セ・パ別で予想もしていますが、今回は12球団をまとめて解りやすくさらに絞って予想を行いたいと思います。

セリーグ・パリーグ別の予想ではさらに詳しく予想していますので興味がありましたらご覧ください。場所はお手数ですが「プロ野球総合」の記事まで。

スポンサーリンク

セリーグ新人王予想2018

オープン戦の結果までは暫定の予想です。

広島の新人王候補

中村奨成と山口翔選手に、あと一歩でノーヒットノーランと鮮烈デビューした2016年のドラ1、加藤拓也投手も新人王の資格を有している。今年のドラ1,2位の高校生コンビは育成の段階という事を考えると、加藤拓也投手の方が可能性は高い。

阪神の新人王候補

最速155キロの剛腕と高い奪三振力、馬場皐輔投手は新人ながら期待のローテ候補。阪神の今年の新人王候補は力で押せる馬場に、アマ時代には中日2軍相手に6回0失点と好投した左腕、高橋遥人。特に高橋は腕の出所が見えにくく打ちずらい、もしかするともしかするかもしれない。

DeNAの新人王候補

同じく今年の新人王候補の筆頭である東 克樹投手は阪神の馬場と新人王を争う筆頭候補。前評判ではもしかすると一番新人王に近い投手かもしれない。

巨人の新人王候補

鍬原拓也の前評判はコントロールが課題と言われているが、スピードと奪三振力は高くオープン戦次第では新人王候補の一角に入ってきそうだ。また、2年目吉川尚輝も現段階では今年の新人王の資格を有しており巨人がもしも育成として1軍での出場機会を与えればチャンスは有る。

中日の新人王候補

鈴木博志は最速157キロのアマNo1クローザー。課題はコントロールと変化球。プロで落ちる球のキレが増せばクローザーでの新人王候補に挙がってくるがまずはオープン戦での投球次第か。

ヤクルトの新人王候補

宮本 丈は大学リーグ屈指の安打製造機。ヤクルトでの1年目からの出場機会の増加も予想されオープン戦で結果を残せば野手での新人王候補に挙がってきそうだ。

セ・リーグ新人王予想2018暫定版

本命候補

東 克樹(De)

対抗候補

鈴木博志(中)鍬原拓也(巨)高橋遥人(阪)

穴候補

加藤拓也(広)吉川尚輝(巨)宮本 丈(ヤ)

パリーグ新人王予想2018

オープン戦の結果までは暫定の予想です。

ソフトバンクの新人王候補

高橋 礼投手は長身アンダースローの希少価値に加え、さらには長い手から繰り出されるボールは打者はタイミングは取りにくいかもしれないがプロでの先発で何処まで投げられるかは未知数。中継ぎの1回を任せると面白いかもしれないがまずはオープン戦での結果次第か。

西武の新人王候補

斎藤大将投手は外れ1位ながら西武のローテ候補と期待は高い。左腕という付加価値で新人王を狙いたい。前評判では今季のパリーグではNo1左腕は田嶋との声が高いが案外プロで投げてみれば解らないが、今季の新人王候補の有力投手の1人としてオープン戦の結果を待ちたい。

楽天の新人王候補

近藤弘樹と岩見雅紀選手は共に新人王を狙える今年のドラフト組では評価が高かったが、近藤投手はメジャーが注目し巨人も絶賛していた190cmの大型右腕。今年の新人王候補の1人だが、フォームを崩しており今年は厳しいか。また、岩見野手は当たればホームラン、一か八かの選手の予感が漂う。オープン戦を見るまでは予想不可能の選手の1人だ。

日本ハムの新人王候補

清宮幸太郎と西村天裕を1,2位で指名した日本ハム。清宮は高校生だがもしもフルで1年起用されれば15本前後は本塁打を打ちそうな実力を感じる。率は残せなくても本塁打が増えれば一発逆転新人王も。西村投手は17年はゼっ不調だったが14年のリーグ最多勝投手。素材は一級品だけにプロで化ける可能性も。

オリックスの新人王候補

田嶋大樹と鈴木康平投手は共に新人王候補に入ってきそうだが、田嶋投手は今年の新人王候補の筆頭候補。今年の新人王に1番近いと言われている投手だが、オープン戦でその実力通りの結果を残すことが出来るのか?と、まずはオープン戦での投球フォームを見てみたい。昨年の新人王候補の佐々木投手もそうだったが、オープン戦ではストレートがシュート回転しフォームの癖の修正を余儀なくされた。前評判通りの投球が出来るのかがポイントになりそうだが、鈴木投手も完成度は高く、田嶋と鈴木を獲得したオリックススから来季は新人王が出る確率は高そうだ。

千葉ロッテの新人王候補

藤岡裕大は今季ドラフトではNo1内野手の呼び声が高く、強肩ショートのスラッガーとしての期待も高い。野手からは間違いなく新人王候補の1人に入ってきそうだ。

パ・リーグ新人王予想2018暫定版

本命候補

田嶋大樹(オリ)

対抗候補

藤岡 裕大(ロ)

穴候補

西村天裕(日ハム)清宮幸太郎(日ハム)岩見雅紀(楽)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする