2017プロ野球12球団外国人コスパランキング前半戦統括

交流戦が終わりセ・パ両リーグが再開した。試合数も半分の約70試合が消化しそれぞれの球団が優勝へ向けて戦っている中で今年の外国人助っ人の活躍をセ・パ12球団、各球団の前半戦の助っ人選手を統括をした。そこで気になる12球団外国人助っ人野手のOPSランキングの結果とコスパ最強の助っ人は?(6月24日現在)

スポンサーリンク

セリーグ助っ人外国人野手前半統括

横浜DeNAベイスターズ
ロペス:打率322 HR15 打点55 得点圏333 出塁率342 長打率572 OPS915
読売ジャイアンツ
マギー:打率316 HR8 打点38 得点圏329 出塁率384 長打率520 OPS904
中日ドラゴンズ
ゲレーロ:打率269 HR19 打点41 得点圏254 出塁率324 長打率563 OPS887
ビシエド:打率246 HR13 打点38 得点圏208 出塁率310 長打率439 OPS748
東京ヤクルトスワローズ
バレンティン:打率285 HR9 打点25 得点圏231 出塁率373 長打率456 OPS829
阪神タイガース
キャンベル:打率191 HR1 打点5 得点圏231 出塁率296 長打率298 OPS594

パリーグ助っ人外国人野手前半統括

北海道日本ハムファイターズ

レアード:打率252 HR16 打点53 得点圏317 出塁率336 長打率504 OPS840
埼玉西武ライオンズ
メヒア:打率277 HR13 打点40 得点圏304 出塁率359 長打率509 OPS868
福岡ソフトバンクホークス
デスパイネ:打率278 HR18 打点53 得点圏343 出塁率363 長打率561 OPS924
東北楽天ゴールデンイーグルス
ウィーラー:打率280 HR14 打点36 得点圏286 出塁率353 長打率512 OPS865
アマダー:打率212 HR7 打点22 得点圏255 出塁率279 長打率328 OPS607
ペゲーロ:打率275 HR16 打点49 得点圏303 出塁率349 長打率520 OPS870
千葉ロッテマーリンズ
ダフィー:打率201 HR6 打点18 得点圏283 出塁率279 長打率372 OPS651
パラデス:打率221 HR5 打点10 得点圏188 出塁率257 長打率350 OPS607
オリックスバッファローズ
モレル:打率278 HR1 打点10 得点圏412 出塁率363 長打率389 OPS752
ロメロ:打率276 HR1 打点29 得点圏359 出塁率333 長打率567 OPS900

12球団OPSランキングTOP9(50試合出場以上)

1位:SB・デスパイネ /OPS924(4億円)
2位:DeNA・ロペス /OPS915(2.3億)
3位:巨人・マギー /OPS904(1.9億)
4位:中日・ゲレーロ /OPS887(5.7億)
5位:楽天・ペゲーロ /OPS870(8500万円)
6位:西武・メヒア /OPS868(5億)
7位:楽天・ウイーラー /OPS865(1億)
8位:日本ハム・レアード /OPS840(2.5億)
9位:ヤクルト・バレンティン /OPS829(3.3億)

12球団助っ人外国人野手コスパランキングTOP3

1位:楽天・ペゲーロ:打率275 HR16 打点49 得点圏303 出塁率349 長打率520 OPS870(8500万円)
2位:楽天・ウィーラー:打率280 HR14 打点36 得点圏286 出塁率353 長打率512 OPS865(1億)
3位:DeNA・ロペス:打率322 HR15 打点55 得点圏333 出塁率342 長打率572 OPS915(2.3億)

楽天の両外国人助っ人が断トツでコスパ最強。2人で2億もいかないとはまさに首位を走る楽天の原動力。3位のDeNAベイスターズのロペス選手はこの年俸なら本来1位でもおかしくないコストパフォーマンスをしていますが、あまりにも楽天の助っ人外国人のコスパが良すぎる。また、デスパイネ選手は4億ですけど4億の活躍はしているではないでしょうか。マギー選手もHRこそ少ないものの1.9億ということで3割打者のチャンスメイクでコスパはデスパイネ選手と同率4位というところでしょうか。

※ゲレーロ選手は新旧球団の総合年俸ですが総合で計算しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする