2018プロ野球順位予想!セ・パ12球団の優勝チームは?

セリーグ・パリーグの順位と優勝予想2018!

2018年に突入し、今年もいよいよプロ野球のペナントが開幕する。今回は12球団の予想を絞り順位を予想したいと思います。キャンプが始まるまでの暫定版という事で最終的な予想を開幕までに決定したいと思いますが、それまではセ・パ12球団の全球団の新外国人が確定次第、随時予想は変動すると思います。

また、オープン戦の新人選手や新加入選手の結果で最終順位を確定したいと思いますが、それまでは、暫定版という事で順位を予想したいと思います。

また、セリーグとパリーグでの個別でも予想していますが、今後はこちらの記事で最終的な予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

プロ野球セリーグ順位予想2018

セ・リーグ順位予想~暫定版

1位、広島

2位~4位、阪神・巨人・DeNA

5位、ヤクルト

6位、中日

今季のセリーグは大混戦、はっきり言って予想はまったくわからない。まず、今季最下位だったヤクルトの投手陣はジョーダン投手の加入で年間通してローテを守れる投手が増えたことが大きい。ソフトバンクから獲得した山田投手もソフトバンクの投手層に埋もれたが2軍では無双していただけに、オープン戦の山田の結果次第ではヤクルトの投手層は厚くなる。ただ、投手陣に怪我人が出た時は一気に戦力が下がりそうなことを考えれば、この山田のオープン戦での出来次第ではAクラス入りやBクラスと結果を左右しそうだが、野手陣の主力が怪我から復帰し実力を発揮すれば今季セリーグの台風の目になりそうなヤクルト。

1位は広島と阪神を押したいが、広島は若い投手陣の波が気になるところではあるが優勝候補の筆頭候補であることは間違いない。

対する阪神はロサリオが当たれば面白い。投手は年々高齢化しているが、馬場と高橋のドラフト1,2位コンビのオープン戦での結果次第では、さらには新外国人の台湾のアマNo1左腕もメッセンジャーが不調な時のスペアとしては十分に面白い投手で広島との差は詰まるかもしれないが、福留選手も高齢なだけに大山などの若手やロサリオ次第ではBクラスも。

巨人は何より昨年のセリーグ本塁打王のゲレーロの獲得が大きい。打線は軸である4番の獲得と今季は陽を頭から使える打線の戦力はUP。また、マイコラスは抜けたが2016年のマイコラスが4勝の時と同じ外国人野手2名態勢時の成績を考えるとその時は71勝でシーズン2位だった。そのマイコラスが4勝しかしなかった2016年よりも戦力はUPしていると思われ、今季は優勝は無理でも75勝は狙えAクラス入りは狙える布陣は整っていると見る。現段階では巨人は3位or4位候補だが、オープン戦で澤村が復活すれば優勝争いも。逆に澤村がダメなようだと4位、ヘタをすれば5位も考えられる。あとは、高橋監督の選手をどう生かすかの手腕次第かもしれない。

DeNAは東投手が当たるようだと優勝も狙えそうだが、今季の3位の成績を考えるとロペスが不振だとBクラスも予想される。後は宮崎選手が来季も同じ成績を残せるか?東が当たるか?次第では優勝か4位か?となってくるかもしれない。

中日はとにかく投打の主力の流出が痛い。ゲレーロとジョーダンに変わる新外国人が獲得出来なければ最下位候補に。

2位~4位の予想は暫定です。

プロ野球パリーグ順位予想2018

パ・リーグ順位予想~暫定版

1位・ソフトバンク

2位・オリックス

3位・楽天・西武

4位・西武・楽天

5位・ロッテ

6位・日本ハム

今季の台風の目はオリックス、増井の獲得に成功しドラフトでは2枚のローテ候補の獲得に成功した。投打の軸は揃っておりこのドラフトコンビが活躍するようだと優勝も。

ソフトバンクは圧倒的な戦力は整ってはいるが野手は高齢化してきており、打線に陰りが見え始めるようだとオリックス、楽天、西武の包囲網で削られるかもしれない。昨年の中継ぎ陣の酷使が何処まで響くかもポイントになりそうだが、それでも現段階では優勝候補の筆頭はソフトバンク。

楽天は投打のバランスが良い。外国人野手3人態勢だが新外国人のオコエ・ディクソンも面白そうだ。さらにはドラ1位の近藤がローテに加わるようだとAクラスは固い。

西武は打線はパリーグ屈指だが牧田と野上の流出が痛いが、変わりに加入した高木の1年目はパリーグで通用するかもしれない。が、後は2年目の源田や牧田の変わりの投手次第ではBクラスの可能性も。

日本ハムは増井と大谷の流出がとにかく痛い、後は中田選手次第では最下位も。太田の2年目、さらには新外国人次第では最下位もあり得るが、逆を言えば新外国人が当たり中田が復活すれば投手の駒は揃っているだけに若いチームが波に乗りAクラスもありえるが、まずはタラレバが予想につきまとうということでオープン戦までは6位予想。

千葉ロッテは補強をみても現段階では戦力アップが感じられない。石川投手が復活したとしても、大砲不在が未解決。ペーニャの残留も未定ということから、大砲の新外国人を獲得出来なければAクラスは厳しいかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加