西武の現役選手が一般女性と不適切な行為があり厳重注意を発表

西武ライオンズに激震が走った。球団に所属している選手が不祥事を起こしたということだが、日本の文化的には非難されるであろう事だと推測出来る内容を、球団が発表し謝罪している。

また、この記事の内容である”団所属選手(妻帯者)1名が未婚の一般女性と不適切な行為があった”という記事からから推測するに、西武ライオンズに所属し、結婚している現役選手が、未婚の一般女性と不適切な関係をもったということで、この不適切という言葉が何を表しているかわからないが、結婚している選手が未婚の女性と不適切な行為を行っていたということで、球団が厳重注意を行ったということは、よほどの不適切行為だったことが伺える。

スポンサーリンク

西武ライオンズ所属選手が一般女性と不適切な関係に

不適切な関係という言葉が何を意味するかは、事実が分からない限りは憶測で物を言えないが、この事案を球団が発表したことに大きな問題があるかもしれない。コンプライアンスを徹底するという概念、現在相撲協会で問題視されている暴行問題での協会TOPの対応についての疑問視する声がメディアを賑わせているが、それらを考えれば球団が、先手をとり謝罪し報告した、企業とすれば隠ぺいではなく、問題が起きればすばやく対応し公表したという対応かと感じますが、この問題については疑った見解はしたくないが、もしも、今後にその選手がフライデーされたりでもすれば大変だ。しかし、逆を言えばそれらを含め外部からのフライデーに備えた球団が先手を打ち、球団や選手を守るというばれる前に先手を打ったという対応かもしれない。

また、この件に関しての記事に一般人物がメールで球団にこの不適切な関係の問題を通報したと書いてありましたが、女性は成人で起訴や警察の問題はありません、とも報告している。

この西武の所属選手と一般女性との間で行われた不適切行為については、そしてメールで通報した一般人物は当人かかだれかは定かではありませんが、この件にかんしての一般女性側とのその後の警察問題等はない。

ということを紐とけば、不適切行為を行った両者との間で問題が無いとのことでで球団もわざわざ発表することではなかった事では、と謎は深まるばかりですが、後から発覚した時のこと、またはコンプライアンスを考え球団が隠蔽するのではなく、オープンにしたということだろうか。

いわば、問題がややこしくなるまでに週刊誌や当人同士のトラブルになる前に球団か所属選手の不適切行為を行った情勢との問題を発表し、大ごとになる前に防いだということかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加