ドラフト巨人の外れ1位は村上宗隆か!1位で清宮外せばサプライズ?

ドラフト会議まであと1日という所で、読売ジャイアンツのドラフト情報がやっと出てきましたね。報知の1位指名は清宮幸太郎の予想ですが、次点で評価が高い選手に履正社の安田、横浜の増田、そして九州学院の村上宗隆の名前が挙がっていました。

読売新聞では巨人の1位候補は3人まで絞ったとのことでしたが、その1名は清宮、残り2名が気になるところではありますが読売新聞と報知の情報を合わせると清宮、安田、村上となりますが、村上は外れ1位候補、もう一人の1位候補は投手かな、と予想していますが、広陵の中村を見送れば当然今年のドラフトでは相川選手の引退で1名は捕手をドラフトで補充したい巨人。

となると有力な打てる捕手は必然的に村上しかいなくなるということで、余っていれば2位で巨人が獲りに行くと予想していましたが、確実に獲得したい場合は2位では中日などに先を越される可能性があり、西武との争いになるかもしれないが、外れか、外れ外れ1位で獲りに行かなければ獲得出来ない可能性が。

そこで巨人のサプライズドラフト。清宮や安田を外した場合の外れや、外れ外れ1位で村上の声が聞かれるかもしれない。

スポンサーリンク

巨人のドラフト展望

24日に、MAX152キロ右腕の牧丈一朗投手を上位候補にリストアップしたことが分かりました。

そして、これまでの巨人の上位候補をまとめると、安田(履正社)、村上宗隆(九州学院)、増田珠(横浜)、阪口皓亮(北海)、永野 将司(ホンダ)、牧 丈一郎(啓新)、近藤弘樹(岡山)、推野 新(国士舘大)、西浦 颯大(明徳義塾)

巨人の隠し玉候補に、知野 直人(新潟アルビレックスBC)、田中 耀飛(兵庫ブルーサンダーズ)辺りが視察情報も含めて巨人の評価が高い選手、または獲得候補に挙がってくる選手だと予想します。

東、鈴木博、鈴木康は大本命の外れ1位候補。安田は外れにはいないか。

巨人の1位指名は清宮か安田、外れは東、鈴木博、鈴木康、村上の中から。2位以下は、村上、増田、阪口、永野、牧、西浦、田中、ここへ桜井を入れて、他球団の指名次第でこの中からの数名の、2~5位での獲得が決まってくるのではないでしょうか。

田中 耀飛選手は今年のドラフトの他球団でもサプライズ枠。

田中選手については3位~5位での指名の争いになってくるかもしれませんが、今年の巨人は野手メイン、巨人は今年のドラフトは7名以上の指名になると明言していることから、また昨年は吉川尚以外は皆投手だったことから、今年の巨人のドラフトは、上記の野手を筆頭に4名前後は野手を指名するのではないでしょうか。

そこに投手が3~4名、左腕2~3名に右腕1~2名。

投手は3位以下で獲得が出来そうな牧、阪口選手が筆頭になってきそうですが、今年の巨人のドラフトは展開次第では村上外れ1位指名、または驚きの鈴木博か東の単独1位指名のサプライズも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする