【巨人】最後の砦!山口俊・陽岱鋼が1軍へ!桜井・高木京も復活

スポンサーリンク

2015ドラ1桜井が好リリーフ

本日の試合は先発した大竹が5回4失点と大乱調により大敗でした。

そして、中継ぎ陣も6,7回を任された池田と篠原も打ちこまれ

防御率が池田3.94、篠原4.76と相変わらずの崩壊中。

しかし、1年2カ月ぶりの1軍マウンドへ上がり

7,8回を任された2015年のドラ1桜井が

2回を被安打0、MAXは148キロだったが

その球速以上に球の出所が見えにくく

球もシュート回転せず糸を引くような伸びのあるストレートで

三振を奪い、キレのある変化球も決まり

今日の先発は桜井の方が良かったのではと思わせる内容だった。

本当に球が走っていたという感想で

この、桜井の復活はジャイアンツのピッチャー陣にとっては朗報だろう。

いよいよ山口俊と陽岱鋼が1軍へ

山口俊がいよいよ18日にイースタン・リーグ、ヤクルト戦で実戦復帰する。

この日は2回予定だが、実戦感覚を取り戻しながら

徐々に回数も増やしていき交流戦に1軍に戻ってきそうだ。

桜井も復活し、去年の7,8回の男、田原も2軍戦で完璧な投球を見せており

桜井、田原、山口俊と1軍へ上がってくるのはピッチャー陣の

厚みを増すはずだ。

陽岱鋼選手も17日から3軍の全体練習に合流し

本格的にペースを上げてくるはずだ。

陽選手は現在3軍で調整ということで

交流戦中に間に合うかどうか、6月中に間に合うかどうかという

所だろうが、8月まで復帰がずれ込むのではという予想もあったので

6月中に戻ってこれれば、シーズン後半戦からの巻き返しに

大きな戦力となるだろう。

交流戦までになんとか貯金を1つでも多く増やしていき

交流戦後には4,5貯金があれば

山口俊、陽と最後の切り札も加わり

そこへ去年の主力の田原や2軍に上がった高木京もおり

ピッチャー陣は揃ってくるだろう。

これまで3軍だった高木京介はリリーフで確か7回なげて1失点だったはずだ。

そこで2軍へ上がってきた高木京だが

いよいよ2軍戦で投げることになる。

今後の支配下登録は非常にナーバスな問題だろうが

高木をジャイアンツが支配下登録するのか

他球団へトレードに出すのかに注目したい。

話は戻るが、バッターは交流戦期間は村田も使えるという

交流戦を見越したマギー起用となり

交流戦でいかに貯金を作れるかがポイントとなってくるだろうが

ピッチャーが整ってきた後半戦に

もしも沢村が復帰出来れば

もしくは守護神をマシソンにした場合の

変わりの8回を任せられるピッチャーの出現が条件だが

カミネロを2軍へ下げ、現在2軍で3割7HRと打ちまくっている

クルーズを1軍の穴のセカンド起用での起用。

阿部、坂本、マギー頼りの打線に

守備とバットで貢献できるクルーズセカンド起用というウルトラC

に動かなければ、とにかく打てない打線では首位奪還は厳しいだろう。

後半戦は、石川・陽・クルーズ・坂本・阿部・マギー6人の打者の

同時起用というウルトラCでもしない限り

広島と阪神には勝てずAクラスだって危うい。

高橋監督が禁断のクルーズ1軍というオプションを

選択できるかどうかに今年の優勝はかかっている・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする