【読売巨人軍崩壊】ついに坂本だけのチームにどうするジャイアンツ

スポンサーリンク

チーム打率238の現実を高橋監督はどう立て直すすのか

チーム打率238という数字は、選手任せの采配ではもう立て直すのは無理。どう監督が采配し、どう選手を入れ替え起用するのかを考えないと、温情采配とベテラン優先、過去の実績優先の采配では立て直せないだろう。今、一番使える選手をどう見極めるのかにかかっている。

由伸監督は坂本巨人軍をどう立て直すのか

ついに坂本しかいなくなった巨人軍というのはまだ早いだろうか。しかし、今日の試合結果が示すようにそろそろではなく、後数年後ではなく、すでに坂本しか若手がいないという暗黒期に突入しているのだ。

阿部選手がなんとか要所でHRを打ちマギーがカバーしてくれていたうちはまだなんとか勝てていたが、ベテランが夏バテしてきた最近はベテランで打っている選手は皆無。若手で打っているのは坂本となんとか石川だけという現実だ。

もうね、ごらんの通り日本人は坂本だけっていうね、後はなんとか石川選手がなんとか期待できるゆいつの楽しみっていう・・

プロ10年目の中井にこだわることを筆頭に、その他もろもろベテラン優先で若手の出場枠は無く育成もしないジャイアンツ。

今年の岡本はすぐ2軍に落とされてやる気をなくしたのか2軍でも是っ不調。それが実力という見方もあるだろうけど、ドラ1の吉川尚も1試合スタメン起用され即2軍落ち後、打てない中井を起用という、他の若手は使わないというお気に入りとベテラン優先じゃ2軍の若手選手のモチベーションや、やる気もなくなる巨人軍の環境と思うんですよね・・

後は期待の若手はセカンド山本、吉川尚、サード岡本のこの3人しかいないという現実でこの3人が活躍する可能性はというと未知数だ。

ここに、長野選手がフェードアウトして入れ替わりに陽選手と石川選手。これだけだ。

打率1割台の小林はそろそろ正捕手の判断のリミット。もしも首脳陣の構想から外れると良いとこ菅野の専属捕手だ。

未来の新巨人軍オーダー

1.(中)陽30才
2.(二)吉川22才、山本23才
3.(遊)坂本28歳
4.(一or左or中or右or三)新外国人
5.(一or左or中or右or三)新外国人
6.(左)石川24歳
7.(三or左)岡本20歳
8.(捕手)小林27歳or宇佐見23才or新加入選手

現在は他に有望株が見当たらない。

あと、2,3枚は各選手とレギュラー争い出来る若手も必要だが皆無。そしていよいよ、来年は阿部は引退かここぞの代打枠。村田はどっちに転ぶかわからない年齢。

あれ、今年の打線は上記のメンバーにクルーズとギャレット入れればいけるじゃん、サードに村田も使えるじゃん、若手の育成も見れて楽しいじゃん。今よりは、打つんじゃないの?と、思うのは私だけでしょうか・・・

交流戦は村田が併用で使えるため時すでに遅しだが、交流戦後のマギー外しというウルトラCに今季の首位奪還はかかっているのではないだろうか・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする