巨人・坂本勇人1500安打達成!プロ野球史上歴代2位の最年少記録

本日は第99回全国高校野球選手権の代表の座をかけた東・西東京大会の開会式が行われいよいよ甲子園間近に迫ってきたが、その開会式は早実の清宮幸太郎主将が選手宣誓をし、市川海老蔵さんの妻であった小林麻央さんの最後の言葉がきっかけだったという”野球を愛しています”という言葉が話題となり、またその経緯を伝え聞いた市川海老蔵さんも清宮幸太郎の選手宣誓に感動し涙したという、そんな日にもう一人の男が歴史的快挙を成し遂げたのである。

スポンサーリンク

読売巨人軍・坂本勇人がプロ野球史上歴代2位の最年少記録で1500安打達成

最近はキャバ嬢お持ち帰り失敗事件などで何かと雑誌を騒がせていた坂本勇人(28)選手だったが、それが巨人の坂本で俺が巨人の坂本だという貫禄であろう。また、巨人のキャプテンとしてチームを引っ張ってきた坂本の去年の成績は首位打者を獲得し、過去にはシーズン最多安打数のタイトルもチームの同僚である長野と分け合い獲得したが、またもや歴史的記録を達成した。

7月9日(日)の対阪神戦でプロ野球史上歴代2位となる28才6か月での1500安打達成最年少記録のオマケ付きで節目となる1500安打を達成した。また、巨人では川上哲治氏、長嶋茂雄氏に次ぐ歴代3位のスピード記録だった。そして右打者としては史上最速の1500安打達成記録となった。

また、プロ野球の歴代最多安打数は、1位:張本勲 3085安打 2位:野村克也 2901安打 3位:王貞治 2786安打 4位:門田博光 2566安打 5位:衣笠祥雄 2543安打 5位:福本豊 2543安打 7位:金本知憲 2539安打となっている。

※7月8日現在成績

プロ11年目で1500安打を達成したが、今年で29才になる坂本選手は今度はいつ2000本安打を達成するのか?そしてプロ野球歴代最多安打数にどこまで近づき追い越せるのか?が話題となってくるであろうが、早ければ現実的は今季残り試合で50本打てば2000本安打まで残り450本となり、坂本選手の年間平均ヒット数が150本で計算したとしてもあと3年、3年後の32才前後には2000本安打を達成する勢いである。その後は怪我などを考慮し平均で換算すると年間130本前後の6年間で1000本打つことになり、38才前後には3000本安打を達成することになる。

現在の最多安打数のプロ野球記録は張本勲氏の3085安打だが、どこまで近くに辿りつけるのかが、張本氏の記録を塗り替えプロ野球史上NO1の歴代最多安打数を樹立できるのかが焦点になってくるだろうが、坂本選手がその記録にもっとも近い男で今後はその記録に近づける男の出現すら現れないのではと言われている記録の更新に期待がかかる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする