阪口皓亮(北海)2017ドラフト候補!プロ入りと成績や球速

2017ドラフト会議での指名が予想される阪口皓亮(北海)投手は、投げてはMAX148キロの高校生屈指の長身大型右腕。

身長186cmから投げられる、高さと角度のある柔らかなテークバックからやわらかい腕の振りで投げ下ろすキレのあるボールが魅力の本格派。

夏の甲子園では1回戦で敗退してしまったが、阪口皓亮投手のポテンシャルの高い投球が目にとまり甲子園を見守ったスカウト達はその投球を絶賛していた。

スポンサーリンク

阪口皓亮(北海)・2017年ドラフト指名候補

広島カープのスカウトは、夏の甲子園の阪口皓亮投手の投球を今大会で1番、腕がしなっていて球持ちが良いと絶賛し、中日ドラゴンズのスカウトは投手では1番良かった、背が高いから角度があり低めに球が伸びている、今後は150キロを投げる投手に絶対になると絶賛している。

また、素材も1番、低めの球は手が出ないと、もしもプロ入りを宣言すれば獲得の可能性を感じるコメントを残している。

また、巨人の岡崎スカウト部長は阪口皓亮投手について、もう少し見たかった選手だったとコメントを残し巨人の下位指名の可能性も感じる。

ヤクルトスワローズのスカウトは、阪口皓亮投手の投球のバランスの良さに目を奪われたといい、186cmの恵まれた体から投げる角度のあるボールと柔らかな腕の使い方、この夏の1番の投手だと絶賛しドラフトでは現段階ではあるが下位指名が予想される。

また、在京球団のスカウトはストレートや変化球のキレ、バランスは良いが走者を背負うとコントロールが乱れる、5位指名ですかね、とコメントを残した球団スカウトもいた。

2017年ドラフト指名候補・阪口皓亮プロフィール

大阪市出身 阪口皓亮(さかぐち・こうすけ) 186cm,80kg 右投左打 MAX148 カットボール・カーブ

阪口投手の甲子園予選の成績は、27回を投げ奪三振は24、失点は16、四死球は9の成績を残していた。

また、夏の甲子園では1回戦の3.2回を投げ4奪三振、失点1の成績を残していた。

現段階の評価は素材型の評価でドラフトでは下位指名が予想されるが、夏の甲子園では最速148キロ、常時140キロ以上を計測し、ポテンシャルは高く将来性も高い投手。

阪口皓亮投手の進路についてはまだ明言しておらず未定だが、もしも阪口投手がプロ入りを表明すれば、下位指名と予想されるが指名は濃厚で2年目3年目以降の開花が期待される選手の1人ではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする