DeNAのドラフト4位!齋藤俊介(JX-ENEOS)の評価と成績は

横浜DeNAベイスターズのドラフト4位!齋藤俊介(さいとうしゅんすけ)

2017ドラフト会議指名予想される齋藤俊介(投手)はMAX149キロを投げる即戦力候補。先発やリリーフをこなし、1回を任せると140キロ後半を連発する適性は中継ぎか。

立大時代は2年時に東京六大学での最優秀防御率のタイトルを獲得したはその後の大学時には右肩痛に悩まされ伸び悩むが、社会人に入り社会人野球の3大大会の一つである都市対抗戦では9回に救援し、最速149キロをマーク、2奪三振と圧巻のピッチングを見せ復活を印象付けた。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ齋藤俊介

大学時代の2年生時に最優秀防御率のタイトルを獲得し今後のブレイクが期待されたがその後は伸び悩みドラフト候補としての評価は低く下位での指名が濃厚かと予想されていたが、社会人・JX-ENEOSでの都市対抗戦での救援登板で圧巻のピッチングを見せ、中継ぎの適性を見せた齋藤俊介投手。

大学時の右肩痛により3年生秋からは未勝利に終わり4年生時に復活を果たすが右肩痛前より成績を落としてしまった。

しかし、社会人に入り復活を印象付けてきた今年のドラフトでは中位での指名が予想されもともと実力のある投手だけに本来の姿が戻れば3位前後の指名も予想されるのではないだろうか。

齋藤俊介プロフィール

千葉県出身 成田高校→立教大学→JX-ENEOS 齋藤俊介 176cm,81kg 右投右打 MAX149キロ 変化球:スライダー・カット・カーブ・スプリット

伸びのある速球と切れのあるスライダーやカット・カーブなどを操る右の即戦力候補だが、1回を任せると140キロ台後半を連発する投球は、6,7,8回の1回を任せると面白い。

プロに入れば先発としても適性を探るだろうが中継ぎの即戦力候補として指名する球団もあるかもしれない。

現在の今秋ドラフトでの指名予想は3位前後と予想する。3,4位での指名を各球団は狙ってくるのではないだろうか。

16年社会人、二大大会の成績は11.2回を投げ防御率は2.31の成績を残した。

また、大学時代の通算成績は11勝14敗、198回を投げ奪った三振は148、防御率は2,45。

コントロールは絶対的ではないがまずまず、奪三振能力は特に高い方ではないが低めに集める変化球とMAX149キロのスピードが特徴の本格派右腕。

大学でのタイトル獲得、社会人では16年、JABA春季神奈川県大会では催行選手殊勲賞を獲得するなど実績は十分だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする