巨人・次期監督は斎藤雅樹と中畑清との一騎打ちか!

本日、7月13日に読売ジャイアンツは斎藤雅樹2軍監督を1軍投手コーチへ、という発表がありましたが、これにより高橋監督、村田ヘッド、斉藤投手コーチの3人態勢シフトが引かれたことになるがただ単に、13連敗、そして現在Bクラスという責任を取り尾花氏との投手コーチを入れ替えただけとは思えないのは私だけだろうか。

もちろん今後の巨人軍の成績次第ではあるだろうが、そして高橋監督の契約年数は3年と言われていることから基本は高橋監督の来季の監督続行が基本路線だろうが、最悪は唯一、巨人だけが過去10年連続のクライマックス出場を果たしており、もしもこの記録が途切れBクラスで終わるようなら高橋監督の解任は決定的になるだろう。

また、昨日のオーナー会議で高橋監督の来季続行の話は出なかったことから、来季の読売巨人軍の監督は今後の成績次第で流動的だと推測できる。

スポンサーリンク

巨人軍・次期監督候補は斎藤雅樹氏で決定的か?!

そこで、憶測で推測だがこの時期に斉藤2軍監督を1軍投手コーチに上げてきたことは来季を睨んだ起用法だと予測できるのだ。

多分ではあるが、Aクラス入りを果たしたとしても来季の村田ヘッドコーチは13連敗の責任ではなく、今季の優勝は絶望的なことが現実的でV逸の責任を取り辞任することは濃厚だろう。

そこで、今季は1軍の状況を把握するためにこの時期に斉藤2軍監督を1軍投手コーチに引き上げてきた、そしてもしも今季のAクラス入りを決定出来れば高橋監督は3年目も続行が決まり、斉藤投手コーチのヘッド昇格が予想できる。

また、もしもBクラスの4位以下でシーズンを終えてしまえば斉藤投手コーチが2軍と1軍を良く把握していることから、そして去年は2軍を優勝に導いた手腕と選手からの人望の厚い斉藤投手コーチがそのまま1軍の監督になることが一番潤滑でありスムーズでもあるのだ、そしてその確率は70%はあるのではないかと私は予想している。

しかし、そこに待ったをかけるのが中畑清氏だ・・

次期、読売巨人軍監督争い!斎藤雅樹vs中畑清の一騎打ちか!

人気に陰りが見え始める読売巨人軍は、今巨人軍に一番必要な明るいキャラクターと若手の育成力、その2つを兼ねそろえているのがファン受けもよい中畑清氏。人気低迷にストップをかけるどころか離れかけたファンを取り戻せるキャラクターは中畑氏が打ってつけで若手の育成にも定評がある中畑氏は読売巨人軍の次期監督候補の大本命とも言われていたが、ここへきて斉藤氏が1軍投手コーチになったことで、次期監督候補争いが混とんとしてきた。

このままいけば斉藤雅樹氏が次期監督へ、という流れがチームの1,2軍選手の把握度と2軍を優勝へ導いた手腕を考えれば1番スムーズだろうが、もしも中畑氏を監督に球団フロント陣営が選べば、斉藤氏はヘッドコーチへと言う流れになりそうだが、はたして読売巨人軍の次期監督は斎藤雅樹になるのだろうか、中畑清になるのだろうか・・

今回の配置転換の理由を鹿取GMが2軍も見てきた斉藤投手コーチの若手の育成と語った。また、新スコアラーに就任した田畑氏には広島対策として広島専属としてやってもらうと語っていた。

また、明るいキャラクターの斉藤氏の1軍投手コーチの抜擢をチームの雰囲気がかわるんじゃないかな、と理由を語ったが確かにどれも的を得ているが全ては鵜呑みに出来ないだろう・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする