ソフトバンク・ドラフト最新情報2017!有力・注目選手とスカウト情報

2017年プロ野球ドラフト会議予想supported by リポビタンD 予想

ソフトバンクホークスの、2017ドラフト最新情報をまとめていきたいと思います。

また、現段階でソフトバンク・ホークスのドラフトに関する最新情報や、獲得候補、注目選手をまとめていきますので、最新情報が入り次第、随時更新していきたいと思います

スポンサーリンク

2017ドラフト会議・ソフトバンクホークスの注目選手や有力候補は?

ソフトバンクホークスの注目選手は、清宮幸太郎、安田尚憲選手が筆頭候補ですが、ドラフト九州枠での指名候補に、熊本の剛腕、最速151キロの山口翔投手が挙がっている。

また、九州の大分県、MAX149キロ右腕、田中 瑛斗投手の5位前後の指名も予想される。そして、ホンダのMAX153キロ左腕、大分県出身の九州国際大からHonda入りした永野将司(24)を、4位前後で左腕の即戦力候補としての獲得も有るかもしれないと予想します。

また、最速147キロの左腕・岡田 和馬(近大)や、MAX145キロの左腕・片山 翔太(東洋大)もホークスはマークしており、下位指名で左腕の乱獲のドラフトも。

ソフトバンク注目選手・永野将司左腕

Hondaの永野将司(24)、MAX153キロの即戦力候補左腕、右ひじの手術(トミージョン)でブランクがあったが、この永野に関しては手術後に球速は上がっており、肘の影響は問題ないと判断すれば、即戦力左腕が欲しいソフトバンクホークスは、ドラフト九州枠候補としての獲得もあるのではないだろうか。181cm,82kg 右投右打 スライダーと最速153キロのストレートで押す左腕は珍しく、ホークスの注目選手となるかもしれない。

ソフトバンク注目選手・岡田 和馬左腕

身長182センチの大型左腕、岡田和馬(近大)は、最速は147キロだがキレのあるスライダーと直球で押す投球で、大学春の成績は34回を投げ21奪三振、防御率は0.26と近大の8度目のリーグ戦優勝に貢献し大学選手権出場を決めた。

緩いカーブやスライダーを操り、MAX147キロの速球で押す投球が持ち味だ。

また、甲子園までの評価は12球団全体でも下位指名候補だったかもしれない田浦文丸投手の評価は1,2つ上がったかもしれない。

4,5位で狙っていた球団はあったかしれないが、5位では取れなくなったかもしれず、指名順によっては4位での指名も厳しい状況に。

育成に定評のあるソフトバンクは左腕の育成も急務なことを考えると、今秋のドラフトは上位候補には数人しか有望な左腕が見られないことから、下位指名や中位で左腕の乱獲、そこで田丸の3,4位前後での指名もあるかもしれない。

ソフトバンクホークス・スカウト情報

ホークス・2017ドラフト予想はこちらへ

今後のホークスのドラフト最新予想と、スカウト情報はこちらへ移行します。

ソフトバンクホークス・2017ドラフト指名予想~獲得候補選手一覧
10月11日更新: ソフトバンクホークスが狙うドラフト候補は?2017プロ野球ドラフト会議・最新情報! 福岡ソフトバンクホークス...

8.23

王球団会長コメント、中村 奨成(広陵)を清宮幸太郎(早実)のライバルになると中村を評価。

8.10 サンスポ

王球団会長が、キャプテンとして先頭に立ちリーダーシップを発揮する清宮幸太郎(早実)プロの世界でやれるとコメントした。

7.15

安田 尚憲(履正社)を三塁を守れるのが魅力、今秋ドラフトの上位候補と明言する。

3.20 西日本スポーツ

山口翔投手を視察したソフトバンクスカウトは、体や関節が柔らかくスピードもあって楽しみな部分が多い選手だと評価した。

1.1 スポーツ報知

今秋ドラフト1位候補に、清宮幸太郎と安田尚憲選手の2人を徹底マークしていくとコメント。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする