西武ライオンズ・ドラフト最新情報2017!有力・注目選手とスカウト情報

2017年プロ野球ドラフト会議予想supported by リポビタンD 予想

埼玉西武ライオンズの、2017ドラフト最新情報をまとめていきたいと思います。

また、現段階での西武ライオンズのドラフトに関係する最新情報や、獲得候補、注目選手をまとめていきますので、最新情報が入り次第、随時更新していきたいと思います

スポンサーリンク

2017ドラフト会議・千葉ロッテの注目選手や有力候補は?

西武ライオンズは、高校通算本塁打数最多ランキングに名前を連ねる選手の獲得が、もっとも多い球団で一概には言えないがある程度の高校通算本塁打をドラフト候補の指標にしている西武ライオンズの今秋ドラフトは、獲得選手の高校通算本塁打にも注目したい。

現在の西武ライオンズの1位指名有力選手は、清宮幸太郎と、安田 尚憲だ。また、村上宗隆捕手の獲得の噂もあり、清宮や安田を1位入札抽選で外した場合は、村上宗隆捕手の1位指名の可能性も。

その3選手の高校通算本塁打は、清宮111号、安田65号、村上52号

西武ライオンズ注目選手・山口 翔投手

西武の今秋ドラフトの注目選手は、熊本県の最速152キロの剛腕投手、山口翔右腕の上位指名が予想される。

181cm,75kg 右投右打 キレのある直球とスライダーが武器。プロ12球団のスカウトの評価は、山口を一級品の素材、スライダーの精度がさらに上がれば手を付けられないと各球団が絶賛し、今秋ドラフトでは上位で指名しないと獲得出来ないかもしれない投手の1人だ。

西武ライオンズ注目選手・片山翔太投手

また、西武の注目している選手にMAX145キロの片山翔太(東洋大)。

身長は170cmと小柄だが、キレのあるストレートとスライダーで三振を量産する。奪三振率は投球回数より下回るが、球の出所が見えにくく球持ちが良いのが特徴の投手だ。

コントロールもまずまずで、巨人・田口二世の可能性を秘めている。

西武ライオンズ注目選手・北浦 竜次投手

MAX149キロの北浦 竜次(白鴎大足利)、身長184センチの大型左腕。高校通算本塁打は26発と打者としても面白いが、スライダーが武器でプロで鍛えスピードが上がれば面白い投手になるかもしれない将来性豊かな左腕だろう。

左腕不足が深刻な西武ライオンズは、片山と北浦の、この2名の内の1名は下位指名での獲得があるかもしれない。

また、金成 麗生(日大三)のスカウトコメントに、金成レオでしょ?そりゃうちが獲得しなきゃ、というコメントがありましたが、金成レオ(日大三)選手は大学進学となり、金成と共にW左腕候補としてマークしてきた、佐藤 隼輔(仙台)まで大学進学が決まり、西武のドラフト戦略に影響してきそうだ。

埼玉西武ライオンズ・スカウト情報

西武・ドラフト予想はこちらへ

今後の西武のドラフト最新予想と、スカウト情報はこちらへ移行します。

西武ライオンズ・2017ドラフト指名予想~獲得候補選手一覧
10月21日更新: 西武ライオンズが狙うドラフト候補は?2017プロ野球ドラフト会議・最新情報! 埼玉西武ライオンズがドラフト1...

17/7.5 デイリースポーツ

西武の球団幹部が、村上 宗隆捕手(九州学院)と山口 翔投手(熊本工)をドラフト候補にリストアップしていることがわかった。

17/1.6 渡辺SD

清宮幸太郎と安田 尚憲選手(履正社)のWチェックを示し、清宮幸太郎内野手は特Aと評価した。また、安田 尚憲を見た渡辺SDは、打撃が柔らかく良い体をしていると絶賛し、安田、清宮のの1位の可能性は十分あると説明した。

17/1.1 西日本スポーツ

ドラフト候補に草場 亮太投手(九州産業大)をリストアップし、宮台 康平投手(東大)も注目選手とマークしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする