2017年セリーグ6球団開幕ローテ予想からチーム分析

スポンサーリンク

2017年プロ野球セリーグ開幕ローテ予想

球団/2016年成績

広島

ジョンソン (15勝7敗)

岡田 明丈(4勝3敗)

大瀬良 大地(3勝1敗)

野村 祐輔(16勝3敗)

床田 寛樹(2016年ドラフト3位:オープン戦成績0勝2敗)

九里 亜蓮(2勝2敗)

巨人

マイコラス(4勝2敗)

田口 麗斗(10勝10敗)

大竹 寛(6勝6敗)

菅野 智之(9勝6敗)

内海 哲也(9勝6敗)

吉川 光夫(7勝6敗)

DeNA

石田 健大(9勝4敗)

今永 昇太(8勝9敗)

井納 翔一(7勝11敗)

ウィーランド(新外国人)

クライン(新外国人)

濵口 遥大(2016年ドラフト1位:0勝2敗)

阪神

メッセンジャー(12勝11敗)

岩貞 祐太(10勝9敗)

藤浪 晋太郎(7勝11敗)

能見 篤史(8勝12敗)

青柳 晃洋(4勝5敗)

秋山 拓巳(1勝1敗)

ヤクルト

石川 雅規(8勝8敗)

小川 泰弘(8勝9敗)

ブキャナン(新外国人)

オーレンドルフ(新外国人)

山中 浩史(6勝12敗)

館山 昌平(1勝4敗)

中日

大野 雄大(7勝10敗)

バルデス(6勝7敗)

吉見 一起(6勝7敗)

山井 大介(1勝8敗)

八木 智哉(0勝0敗)

バルデス -

又吉(6勝6敗16ホールド22HP)

若松(7勝8敗)

各球団寸評

各球団決定ではありませんが、スポーツ新聞や

ラジオ番組等でのスタメン構想を発表した中より選んでいますので

各所に変更があるかもしれませんが28日現段階での各球団構想です。

広島

大瀬良がドラ1加藤をかわし大逆転開幕ローテの切符を掴み取った

加藤はいつでも1軍へのスタンバイは出来ているであろうということから

投手陣の層もより厚くなってきた

ローテーションは27日の広島のTV番組、テレビ派のローテ予想から

ジョンソン→岡田→大瀬良→野村→床田→九里

巨人

28日現在スポーツ報知にて開幕ロケットローテ完成!

マイコラス→田口→大竹→菅野→内海→吉川光

と情報がありました。

DeNA

最後の1枠をドラ1組の中からゆいつの開幕切符をつかみ取った浜口

浜口は本拠地での巨人戦が濃厚なため先発5or6番手が有力

また、開幕投手は石田に決定したが、クライン投手の先発確定や

腰の違和感で先発回避のためローテ白紙との色々な情報が飛び回っているが

まだ確実な情報が出ていないため、現在の情報で

石田→井納→クライン→今永→ウイーランド→浜口

阪神

3/28日現在 日刊スポーツより

6日の先発は青柳の予定だったが巨人戦へ回すために

メッセンジャーが中5日で回り、開幕ダッシュをかける。

メッセ→岩貞→能見→藤波→秋山→メッセ→岩貞→青柳→能見

ヤクルト

ローテの最後の1枠を、原樹理と争っていた館山が掴み取った

開幕の石川以外はローテ順が未定の為変動すると思います

川→小川→ブキャナン→オーレンドルフ→山中→館山

中日

24日に放送されたサンデードラゴンズで森繁監督のインタビューでの

開幕ローテ構想より

大野→バルデス→吉見→山井→八木→バルデス→大野→又吉or鈴木→吉見

40才のバルデスを中4日で回す構想がフラグなのか駆け引きなのか・・

数日前からローテが決まらないと森繁監督は悩んでいるようだ

どの球団も3枚は計算できる投手が揃っている印象

残り3枚はどの球団も確実に勝てるピッチャーを揃えている印象は無い

ということから、長いシーズンを考えると

中継ぎの層の厚い球団や

先発候補に落ちた待機組の実力差やリハビリ組が

復活してくる投手層が厚い球団が勝利を増やしていくだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする