オリックス・ロメロが年俸3倍増の250万ドルで新たに3年契約

オリックス・バファローズが、来日1年目の主砲の流出を防ぐために8月シーズン半ばでのこの時期に異例の速さで新たにロメロ外野手と年俸3倍増の3年契約を結んだことを4日に発表した。

ステフェン・ロメロ外野手の現在の推定年俸は9600万円だったが、3倍増の250万ドル(2億7500万円)+出来高払いで新たに3年契約(3年目は双方にオプション付き)を結んだ。

スポンサーリンク

オリックス・ロメロ外野手が年俸3倍増で新たに3年契約をGET

ロメロ選手のこれまでの成績は打率3割、19HR、45打点。

来日1年目で開幕から4番に座りオリックス打線の主砲を担ってきたロメロ選手は人間性も高く評価され6月から残留交渉を行ってきたらしいが8月4日に契約交渉がまとまり球団やファンにとっても朗報となったようだ。

また、これまでにも主砲の他球団への流出を防ぐために現在交渉中、年俸4倍増か?とも言われていただけに3倍増での3年契約は安く感じるが球団やロメロ外野手も契約していただいたことは光栄、日本で長く野球をやりたい、勝利に貢献したいと喜びを語っており双方にとって良い契約がまとまったようだ。

オリックス・ロメロ選手これまでの成績

63試合 打席数258 打数240 打率300 19HR 45打点 三振55 長打率567 出塁率349

オリックスのステフェン・ロメロ外野手とは

ステフェン・ロメロ(28)右投右打ち 外野手、2010年にシアトル・マリナーズ(ドラフト12巡目)で入団した。

2011年はマイナーリーグA級のクリントン・ランバーキングスで116試合に出場。

成績は打率280 16HR 打点65。

2012年にはマイナーリーグのA+級マーベリックスで60試合 打率357 11本塁打 51打点の成績を残した。

2013年にはトリプルAのタコマ・レイ二アーズへ昇格し93試合 打率277 11本塁打 74打点の成績を残す。

2014年にはロサンゼルス・エンゼルスでメジャーデビュー、72試合 打率192 3本塁打 11打点の成績を収めた。

2015年は13試合、打率190 1本塁打 3打点

2016年は9試合に出場しその後3Aに。成績は106試合 打率304 21本塁打 打点85。

メジャーリーグ3年間の通算成績は94試合に出場し、打率195 4HR 17打点 OPS549

2017年にオリックス・バファローズへ入団し、オリックスの外国人野手が来日1年目で10本塁打を記録したのは2人目と久しぶりの大当たり外国人選手だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする