巨人の村田修一を楽天が獲得調査!移籍先に終止符か右の大砲獲り

巨人から戦力外通告を受け自由契約となった村田修一選手を、楽天イーグルスが獲得調査に乗り出すことが分かった。松井稼頭央の退団や、クルーズ選手の退団に伴い、また右の強打者不足の楽天が村田修一に白羽の矢を立てたようだ。

その楽天イーグルスは嶋選手やオコエなどの右打者のホームランは3本が最高、サードには今江選手などもいるが外国人枠を使わず右の強打者が獲得出来るメリットは大きく、そこで村田の獲得調査に乗り出したと思われるが、村田選手の獲得への参戦が予想された、ヤクルトや中日、DeNAや千葉ロッテなどは若手の育成の為に見送る可能性が高く、もしも楽天がこのまま獲得に動けば楽天村田が誕生する可能性は高いかもしれない。

スポンサーリンク

楽天村田修一誕生か

また、村田選手は残り135本で2000本安打達成での名球界入りの記録がかかっているが、本人はここまでくればどんな起用法でも問題ないというスタンスでスタメン確約の希望は語っておらず、獲得球団としても起用法に関してのネックは少なくなると見られ現段階では楽天が最初の獲得調査の記事が出てきたが、撤退が濃厚と言われている他球団もドラフト次第では分からないかもしれない。

中日ドラゴンズなどは右の代打要員としてなら、育成契約からでもというくらいの気持ちがあればそれなら分からないと森監督は獲得の可能性に含みを持たせており条件次第では楽天や中日などの争奪戦に発展する可能性もあるかもしれないが、現状では楽天がサード村田、ファースト村田をレギュラーとしての起用も考えられこのまま楽天村田が誕生する可能性が高そうだが、まさかの獲得球団無しかと思われた村田にとっては朗報かもしれない。

ヤクルト、ロッテ、中日は獲得に動く?

楽天が獲得に動けば、ドラフト後次第ではいざ他に獲られるとなると獲得に動いてくる球団はありそうな気もするが、いの一番に手を上げてくれた楽天を優先しそうな男村田だ。

可能性としては他球団の手のひら返しも無くはないかもしれないが、仮に楽天村田が誕生すれば、サードにウィーラー選手がいるが、パリーグはDHがあるためどちらかがDHやファーストでの起用も考えられ、楽天は外国人3人に村田を加えると、超攻撃型オーダーが完成する。

茂木、ペゲーロ、ウィーラー、アマダー、そして村田。そして嶋やオコエが加われば10発以上のホームランを狙える打者が6人はスタメンに座ることになり破壊力抜群のオーダー、来季の楽天打線は脅威となるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする