連敗地獄の巨人軍、終焉で見据える先はすでに来季の補強?

たんたんと、たんたんと試合が経過して行き負ける。

最近の試合はそんな展開のジャイアンツ。

13連敗で迎えた日本ハム戦

勝利で14連敗という最悪の記録更新は免れたが

その後日本ハムに2連敗。

大田選手には10打数7安打2HRと、打ちに打たれまくり

大田選手のヒーローインタビュー、日本ハム最高~

という決め台詞を、巨人戦では諸事情で言えません

と、気を使われる始末だ・・

スポンサーリンク

巨人軍、今季最大の借金11で終焉ムード

いやぁ、大田選手は開花して本当に良かった。

日本ハムで伸び伸びと開花されて嬉しいよ。

しかし、巨人の捕手陣は何やってんだ?

自分のチームで要らないって行った選手に活躍されて

情けなくないのだろうか・・

大田選手と同じチームだっただろ?

弱点は知ってるだろ?

大田の苦手なコース・・

大田選手に打たれた

10打数7安打2HRは、捕手に問題があるとしか言えない

マイコラスや田口をリードしていた小林は

7打数5安打と打ちこまれたが

小林はストレート主体で配球を組み

大田の苦手な低めと、内角にミットを構えることもなく

打たれたコースは、大田の得意な外角のややど真ん中

田原もど真ん中に緩く入るカープを痛打

マイコラスもストライクゾーンで勝負させ

外角や内角低めのストライクからボールになる球は要求せず

大田の得意なコースを全て痛打されてしまった。

今日の吉川が大田に打たれたHRも捕手が要求したのはストレート

コースもやはり大田の手が届く1番得意なやや外角のど真ん中だった。

大田の一番得意なコースに一番得意なストレートを要求する意味が解らない

なぜ、厳しいコースや内角を突いたストレートでファールをさせ

最後は、低めの変化球で三振を狙う配球をしないのだろうか

大田の攻め方は、内角をついて低めの変化球だろ?

なぜ、全て7安打好きなとこにほぼストレート投げて打たれてんだよ?

って思う訳なんですよね・・

今日は石川慎吾にヒットが出なかったのは残念だが

陽 岱鋼選手に2本のヒットが出たことは朗報だ。

まだ、状態は完ぺきではないみたいだが

状況が状況なだけに、急ピッチで仕上げ

試合に出れる状態に持ってきたのだろうが

流石、陽 岱鋼選手が1番に入ると試合が安定する。

去年は中継ぎが打ちこまれ37度の逆転負けという記録を作ったが

今季の中継ぎ陣も打ちこまれ崩壊中だ。

昨年の中継ぎは田原と山口鉄が主に投げ逆転負けを食らっていたが

今年も、何故か防御率6点台の田原を勝ち試合の1番手に投げさせ逆転されおり

何故、去年と同じことを繰り返しているのかも解らない。

読売巨人軍、来季は監督、コーチ、GM、助っ人外国人総入れ替えか?

素人のコーチ経験の無い高橋監督の懐刀である

1軍投手コーチの最年長である尾花氏は

最近は、人の意見は聞かずバッターが打てないと

ゲーム中に舌打ちをするなど、高橋監督の下でやりたい放題

高橋監督から任せられている投手の起用法なども疑問視され

2年連続で中継ぎを崩壊させた責任は重く、来季の解任は決定的だろう。

ヘッドの村田氏も、実質高橋監督を支える指揮官だろう

今年は13連敗という球団史上初の記録を作りジャイアンツ史に

汚名を刻んでしまった責任は投手コーチだけでは済まない

監督とヘッドの入れ替え、最悪ヘッドの入れ替えも確実ではないだろうか。

打撃コーチも二岡氏や江藤氏の2軍降格や解任

新1軍打撃コーチや2軍と入れ替えもあるだろう。

外国人で言えば、マシソン、マイコラスはメジャー濃厚

残すのはカミネロ位で、残りの5人は総入れ替え。

4番タイプのバッターは2人、バリバリのメジャー級の獲得

他球団からの強奪も有り得るだろう。

問題は、高橋監督がどうなるかだが

今季の高橋監督を支えることが出来なかったGMやヘッド、コーチ

さらに新人を発掘できないスカウト達の総入れ替え

新体制で高橋監督をサポートするという選択もあり得るが

ファン離れが加速する巨人軍、育成が出来ない巨人軍は

もう純血にこだわるのは辞め

中畑氏、江川氏、さらには渡辺氏が押していた劇薬の落合氏だってあるかもしれない。

来季の巨人の監督は一体誰になるのだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする