【楽天】べゲーロ・盗塁を狙うも脚部負傷し途中交代で退く

※最新情報
楽天ペゲーロ選手の診断結果は左半腱様筋部分の損傷1度で、復帰までは2~3週間との診断結果が出ました。

東北楽天イーグルスのペゲーロ選手が、(対オリックス)初回の無死1塁の場面で二ゴロを打ち1塁ランナーと入れ替わると、2死の場面で盗塁を試み失敗に終わったが、その際に走っている途中に突然の苦悶の表情、何が起きたかと思うとどうやら脚を負傷したようでゲームを見ている限りでは、最悪肉離れ、もしくは脚がつってしまったかという感じだったが球団のからの発表はまだ行われておらず、詳細は不明だ。

また、脚部を痛めた際はベンチでしばらく様子をみていたようだが試合続行は不可と判断しベンチ裏へ退いた。

脚部を痛めた瞬間は苦悶の表情だったが、自力でベンチまで戻ったことから脚が動かないというレベルではないが、肉離れなら最悪数カ月の離脱が予想される。

スポンサーリンク

東北楽天イーグルス・ペゲーロ離脱か?盗塁時に脚を痛め負傷

試合を見た感じの痛がり方からすれば、脚がつったというよりは、肉離れを起こした時の苦悶の表情に感じたが、つった程度の軽傷であれば楽天にとってもペゲーロ本人にとっても救いだが、福岡ソフトバンクホークスと優勝争いを繰り広げている楽天にとってはペゲーロ選手の長期の離脱ともなれば痛いどころの話ではないだろう。

今季の楽天は優勝を狙える位置に付けており、茂木の離脱も痛いがそれをカバーする島内選手の活躍に助けられているがペゲーロまで離脱となると優勝争いを繰り広げることは、今後は厳しくなってくるのではないだろうか。

※ペゲーロ選手のこれまでの成績

打率307 21HR 63打点

東北楽天イーグルス・茂木栄五郎選手の復帰はいつ?

6月19日に、右肘尺骨肘頭 上腕骨滑車骨挫傷と診断され登録抹消となった茂木栄五郎内野手だが、一時期はオールスター明けの復帰が噂されていたが長引いている。

梨田監督は2週間くらいで戻って来てほしいと語っていたが、オールスター戦を辞退したことで早くてもオールスター明けから10日間は1軍登録が出来ない規則があり、7月末までは戻ってこれない。

現在は2軍で調整中とのことで、規約で言えば最短で29日に戻ってこれるこれることになる。

茂木、ペゲーロ抜きで今後一週間をどう乗り切れるかが楽天の首位争いに生き残れるのかがポイントとなってきそうだが、茂木・ペゲーロ抜きが長期続くようだと首位争いはますます厳しくなるが、茂木の復帰時期が今後の優勝争いのポイントでもあるだろう。

ペゲーロ・茂木の最強1,2番コンビの離脱は痛いが、今後はその2名抜きで楽天がどう舵を切るのかにも注目が集まる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする