2018プロ野球パ・リーグ順位予想!優勝候補の球団は?

プロ野球2018年のパ・リーグの優勝予想、暫定版!本名はソフトバンク?楽天や西武は?台風の目のオリックスは?!

パリーグの各球団も来季に向けての戦力補強が出揃ってきました。

まだ補強は途中の球団もありそうですが、現段階での優勝予想ということで、開幕前にもう一度、各球団の来季の補強が終わり、オープン戦の結果などで完全版ということで優勝予想は修正しますが、それまでの現段階での優勝予想をしてみたいと想います。

2017年のパリーグは、ソフトバンクの1強に西武と楽天の2強が続きましたが、来季2018年のパ・リーグの各球団の戦力はどうなっているのだろうか?

スポンサーリンク

プロ野球2018パ・リーグ優勝予想

ソフトバンクホ-クス

主な選手の新加入

西田哲郎

主な選手の退団

大隣憲司・山田大樹・鶴岡慎也

西武ライオンズ

主な選手の新加入

ワグナー・カスティーヨ・松井稼頭夫

主な選手の退団

野上・牧田

楽天イーグルス

主な選手の新加入

山下斐紹・近藤弘樹・岩見雅樹・渡辺 直人・オコエ・ディクソン

主な選手の退団

松井稼頭夫

オリックス

主な選手の新加入

増井・田嶋大樹・鈴木康平

主な選手の退団

平野

日本ハム

主な選手の新加入

清宮・トンキン・ロドリゲス・アルシア・實松・鶴岡

主な選手の退団

増井・大野・大谷

千葉ロッテ

主な選手の新加入

ボルシンガー・オルモス・ドミンゲス・藤岡裕大

主な選手の退団

涌井(予定)

プロ野球2018優勝予想

今回の予想は、各球団の戦力補強が完全に終わっていない、そしてオープン戦が始まるまでは各球団の戦力分析が完全に出来ない為、現段階では有る程度の現段階での予想をしたいと思いますが、順位の確定は次回に持ち越し、おおまかな予想を行いたいと思います。

それでは、現段階での上記↑の戦力分析から予想すると、

1位

ソフトバンク・オリックス・楽天

2~3位

西武・楽天・オリックス

3~4位

西武・楽天・日本ハム

5~6位

日本ハム・千葉ロッテ

ソフトバンクは戦力分析をするまでもなく、必ず2位以内には入ってくる球団。投手&打者共に怪我人が出てきても1位を狙える戦力は保てる、流石年俸4億円以上が8人も揃っている球団という印象だ。後は他球団の新外国人のオープン戦での結果次第では来季の優勝候補は間違いなしの予想が出来る筆頭候補。

同じく1位候補に挙げたのはオリックス。今季はBクラスの4位だったが来季の台風の目はオリックスと予想する。投手では平野が抜けるが増井でカバー、そしてドラフト1,2位で田嶋と鈴木康平の実質ドラ1を2名獲得し投手の補強に成功、外国人ではロメロとマレーロの打者2名にT岡田とその周りを固める伏兵の軸となる打者の層は厚い。投手ではディクソンに後1枚の投手を獲得すれば来季パリーグの補強度はNO1と予想するオリックスがソフトバンクをまくることすら感じる。

対する西武はリーグ屈指の打線は健在だが、野上と牧田の先発とリリーバーの2名が抜けた投手陣は痛い。新外国人投手はオープン戦が始まるまでは当たりか外れかは判断できず、投手がこければ3,4位も考えられる。

今季5位の日本ハムは増井と大谷の穴はでかく、そこを新外国人がカバー出来るか、というタラレバが日本ハムの順位予想には付いてくる。というほど、戦力の層は薄く感じるが新外国人が投手が当たり、新外国人の期待の本塁打王候補のアルシアが当たり、中田の打撃が調子を取り戻すとAクラスは狙えるかもしれない。しかし、逆を言えば5,6位に沈む可能性も感じるが、投手の駒は意外と多くそこに今季ドラ2の西村が機能すれば面白いが、未知の戦力を期待するという点に置いては優勝候補には挙げられず。

千葉ロッテは今季最下位からの補強の充実は現段階では感じない。一時期は村田の獲得も匂わせていたが打者のサード候補に中距離砲のどちらかといえば名手の外国人を獲得した。個人的にはサードで外国人を獲得するのなら、サード村田を獲得し外野に30本以上が期待出来る大砲候補の外国人をとも感じ、新外国人投手も2枚獲得したが、今季は安定しなかったが涌井が抜ける投手層もマイナスポイントに。大砲と、今季リーグワーストだった防御率の改善が新外国人投手にかかっているだけに、そしてペーニャの残留交渉も未定、さらには仮に退団したとすれば変わりの外国人の補強も未定なことから現段階では5,6位予想に。

そして今季の前半戦の主役と言えた楽天は来季もAクラス球団の本命候補、打線と投手のバランスは良く、今季と同様に外国人打者が打てば勢いは止められない。もしも、アマダーが不振だとしても新外国人のマイナー117発のオコエ・ディクソンが待機している外国人に、捕手では山下 斐紹の獲得が大きい。この獲得により、今季で捕手が取れなかったドラフトが生きてくる。1位は即戦力候補の近藤に、2位はロマン砲の岩見、そして5位兵庫ブルーサンダーの田中が非常に楽しみだが、先発にドラ1近藤が加わるようだと今年も優勝争いに加わってくるかもしれない。

パリーグ優勝予想最新版はこちらへ。

2018年プロ野球、パ・リーグ優勝予想最新版! パ・リーグ6球団の新外国人補強も進み、各球団の新戦力、2018年のペナントを戦う各球団...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする