2017年プロ野球パ・リーグ個人タイトル一覧!打撃&投手部門まとめ

2017年プロ野球のパリーグの全日程が終了し、投手部門と打撃部門のタイトル獲得者が出揃った。

今季のパリーグは常連のタイトルホルダーの選手も数名いますが、初受賞の選手が多く出そろう2017年のパリーグでしたが、

その中でもメジャー移籍が噂されている菊池 雄星投手は、一時期は投手部門の五冠のタイトルも見えていましたが、最優秀防御率のタイトルとを獲得し、最多勝をソフトバンクホークスの東浜巨選手と分け合い二冠のタイトルに輝きました。

スポンサーリンク

パリーグタイトル確定2017年度版

パ・リーグ              
最優秀防御率 菊池 雄星 西武 1.97 
最多勝利 菊池 雄星
東浜 巨
西武
SB
16
最高勝率 千賀 滉大 SB 765
最多セーブ  サファテ SB 54  3回目
最優秀中継ぎ  岩嵜 翔 SB 46 
最多奪三振 則本 昂大 楽天 222 4回目
首位打者 秋山 翔吾 西武 322
最多本塁打 デスパイネ SB 35 
最多打点 デスパイネ SB 103 
最多安打 秋山 翔吾 西武  185 2回目
最高出塁率 柳田 悠岐 SB 426 3回目
最多盗塁 西川 遥輝 日ハム 39 2回目

パリーグ・打撃タイトル一覧

 パ・リーグ 打撃タイトル
首位打者 秋山 翔吾 西武 322
最多本塁打 デスパイネ SB 35 
最多打点 デスパイネ SB 103 
最多安打 秋山 翔吾 西武  185 2回目
最高出塁率 柳田 悠岐 SB 426 3回目
最多盗塁 西川 遥輝 日ハム 39 2回目

首位打者のタイトルを秋山選手が獲得したましたが、何と初の受賞だったんですよね。そして、200本に届きませんでしたが最多安打のタイトルも獲得し打撃タイトル部門で二冠を獲得しました。

デスパイネ選手もソフトバンクへ移籍し、初の本塁打と最多打点のタイトルの二冠を獲得。

最多盗塁は日本ハムの西川 遥輝選手が2度目の獲得。最高出塁率は、2年連続の99打点で離脱というアクシデントに見舞われた柳田 悠岐選手が4度目の獲得になりました。

パリーグ・投手タイトル一覧

              パ・リーグ 投手タイトル
最優秀防御率 菊池 雄星 西武 1.97 
最多勝利 菊池 雄星
東浜 巨
西武
SB
16
最高勝率 千賀 滉大 SB 765
最多セーブ  サファテ SB 54  3回目
最優秀中継ぎ  岩嵜 翔 SB 46 
最多奪三振 則本 昂大 楽天 222 4回目

投手のタイトルも、初受賞の選手が多く、菊池選手が初の最優秀防御率と最多勝の二冠を獲得し、東浜 巨選手も初の最多勝に輝きました。

千賀投手も最高勝率を初受賞、サファテ投手は54セーブのプロ野球記録で3回目の獲得、 岩嵜 翔投手も初の最優秀中継ぎのタイトルを獲得し、ソフトバンク勢がタイトルを独占しましたが楽天の則本選手が4回目の最多奪三振で意地を見せた。

2017年プロ野球のタイトルホルダーは12部門で7名の初受賞者が現れ世代交代の1年に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする