最新2017年プロ野球新人王候補予想パリーグ編

今年のドラフトも、パリーグに実力派の注目選手が多く入団してきた。今回はパリーグの新人王予想をしてみたい。

田中正義投手 ソフトバンク
佐々木千隼投手 ロッテ
今井達也 西武
藤平尚真 楽天
山岡秦輔 オリックス
堀瑞輝 日本ハム

ドラフト1位選手から新人王になる選手が現れるとは限らないが、まずは2017年パリーグのドラフト1位選手に注目してみた。

今年のパリーグドラフト1位組は、田中選手や今井選手などの新人王候補がコンディショ二ングの不調によりはやばやと離脱してしまった。

その中で、ロッテの佐々木千隼投手は開幕ローテGETを勝ち取り新人王へのスタートラインで他選手より優位に立っている。

また、オリックスの山岡秦輔投手も前回広島戦で8回2失点と好投し開幕1軍に内定。この2投手は新人王候補の筆頭候補と言っても良いだろう。

この中に割って入りそうなのが日本ハムの上原健太投手。ソフトバンクの育成からすい星のごとく現れた155キロ右腕、石川柊太選手も面白い。

ロッテのドラフト2位の酒井投手も面白いが開幕1軍の切符はつかめず巻き返しは厳しいか。

また、今年のパリーグは投手が豊作でバッターでは新人王は出ないと予想し、投手のみに絞り予想します。

ここで、注目選手の2017年オープン戦の成績を比較してみます

スポンサーリンク

2017年パリーグ新人王候補オープン戦成績

ソフトバンク 石川柊太 登板4 勝利0 敗北0 投球回5 三振5 防御率1.80

ロッテ 佐々木千隼 登板4 勝利1 敗北0 投球回15.1 三振11 防御率0.59(四球7)

ロッテ 酒井知史 登板2 勝利1 敗北0 投球回7 三振4 防御率3.86

オリックス 山岡秦輔  登板2 勝利1 敗北0 投球回11.1 三振5 防御率1.59(四球4)

日ハム 上原健太 登板4 勝利0 敗北0 セーブ2 投球回5 三振5 防御率1.80(四球2)

日ハム 公文克彦 登板9 勝利1 敗北0 セーブ2 投球回8 三振5 防御率1.13(四球0)

新人王筆頭候補のソフトバンク、田中正義投手の肩がおもわしくなく、また、投手の層が厚いソフトバンクはもともと肩が不安視されていた田中正義投手は、今年はあせらずゆっくりと育成していく方針だったのではないかと思います。そのため、田中正義投手が今年の新人王候補から離脱。

上記の中から今年のパリーグの新人王は出てくるのではないかと思いますが、そしてソフトバンクの石川柊太投手は非常に面白い投手ですが、ソフトバンクの投手の層が厚い現状を踏まえるとしばらくは育成しその後1軍の中継ぎからスタートと考えると、少し厳しい。

ロッテの酒井投手もしばらくは佐々木投手が優先されスタートで出遅れ他有力候補と勝利数で差が付きこれもまた厳しい印象。

となると、ロッテ佐々木投手とオリックス山岡投手が本命になってくるのですがここに、日ハム上原投手が割って入りそうだ。

佐々木投手が本命候補筆頭であることには間違いが無いがコントロールが悪い。そして、ボールがシュート回転してしまう。これは、フォーシームがシュートしているのか、ツーシームを投げているのかでまた見解が違ってしまうのだが、投球を見ていると、シュートを投げていると言うよりはストレートがシュート回転しているという印象。

現在ではこの球が良い方向にいき、三振を奪えているがどうしてもシュート回転して球が中に入ってくるためシーズンに入ると打たれる可能性が高い。現在でも、防御率は良いがランナーを出しなんとか抑えている現状だが、この結果がシーズンが始まり主力打者と対戦していくと抑えれる可能性は低くなるのではないかと予想している。

しかし、それでも筆頭候補の力があると思い10勝も期待できるとは思うが球がシュート回転し真中に入ってくる球質がどうしても引っかかる。

また、日ハムの2015年ドラフト1位、上原健太投手が絶好調で、1年目にしっかりと育成されている分、他、今年のドラフト組よりも優位なのではないかと分析している。

まとめ

本命:上原健太・佐々木千隼・山岡秦輔

今年の本命は上位3名の争いになるのではと予想したい。

江顔卓のワンポイントCheck!
佐々木選手は球がシュート回転して中に入ってきてしまうフォーム、球の軌道を変えないと新人王は難しいだろう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする