大谷翔平がメジャー移籍を断念?今オフは困難と米CBSが報道

日本ハムファイターズの大谷翔平(23)の今オフでのメジャーリーグへの移籍が困難になってきた。現在メジャーリーグでは現地時間の2日に国外のとアマチュア選手とのFA契約が解禁となり、いくつかの球団との大型契約がまとまり、大谷選手が仮にポスティングでのメジャー移籍を希望したとしてもすでに大谷選手獲得時に準備出来る金額が残されていないとの見通しだと予想した。

スポンサーリンク

米テレビ局のCBSスポーツが大谷翔平選手の今オフ移籍は困難との報道

大谷選手は、契約金制限の適用年齢が23歳未満~25歳未満に引き上げられた昨年の新労使協定により最大の契約金は5億5000万円の500万ドルが上限と言われているが、この新労使協定の解禁によりこれまでに22人の契約がまとまっていることと、今後もさらにこの契約は増えてくるであろうことから、1球団の海外選手獲得の総合上限額である5億5000万円という上限に達してくる球団は、今後は大谷選手との契約までに必要な金額が用意出来ないのではと米CBSが予想した。

1球団の25才未満の海外選手獲得の契約総合額500万ドルの壁に阻まれる大谷翔平

5億5000万円の予算の中ですでに大型契約がまとまり、今後もさらに契約合意が増えていくことが予想されると、各球団は大谷選手と同等の素材は世界にはゴロゴロいることから、早くダイヤの原石の確保に動きたい球団はすでにその選手の獲得に動き、今オフにポスティングでメジャーに移籍するかどうか解らない大谷選手の為に5億5千万円という額を残しておくという球団は少ないだろう。

大谷選手の今オフメジャー移籍の可能性は?

大谷選手がメジャー移籍の為に夢を叶えることを最優先した場合には、上限である最大の500万ドルでの契約は出来ず、最悪は1球団の総合限度額である500万ドルの中から他選手をすでに獲得しており、大谷選手に使える額は200万ドルしか残っておらず、という可能性があり、大谷選手がポスティングで来季にメジャーに移籍したとしても大谷選手は年俸が2億~3億に買い叩かれる可能性がある。

そして、さらに大谷選手が希望するメジャー球団が、大谷選手の為に500万ドルのうちのいくらかは残しておいてくれないと契約が出来ない。

ということから、500万ドルで契約できれば御の字で買い叩かれる可能性も高く、そうなれば2年後のオフに大型契約を勝ち取るという選択肢の方が高いだろうと米側は予想していると伝えたCBS。

昨日のソフトバンク戦では投手としての調整は完全では無い中、メジャースカウトが見守るお披露目会、投げれることのアピールとも噂されていたが、大谷選手の去就は一体どうなるのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする