大谷メジャー今オフ移籍決定!米大リーグ意中の球団は?ポスティングへ

日本ハムファイターズの大谷翔平(23)が今オフに、米大リーグにポスティングシステムを利用しメジャーに挑戦することがわかった。

今季は足首の怪我が原因でWBCワールドベースボールを辞退、その後は日本ハムでリハビリを行い今オフのメジャー挑戦の夢が危ぶまれていた。

また、ポスティングの契約金制限の適用年齢が23歳未満~25歳未満に引き上げられた新ルールの影響により、大谷翔平のメジャー移籍は25才になってからか?などと噂されていてが、どうやら金銭面よりも、大谷選手のかねてからの夢であるメジャー移籍を決断し優先したようだ。

スポンサーリンク

大谷翔平がメジャー移籍を決断!メジャー希望球団は?

大谷の高校生時はメジャー思考が高く日本のプロ野球会入りを拒否していた大谷のNPB入りは困難かに思えたが、日本ハムが1位指名を強行し、大谷翔平が日本ハムに入団した当時は世間を驚かせたことを鮮明に覚えているがそれも5年前の出来ごとだ。

その出来ごとは密約説にまで話題が登り世間を賑わせていたが、日本ハムが大谷を入団させるために大谷との交渉の場に持っていったとされる大谷メジャーへの道5年計画のマニュアルの通り、大谷が日本ハム入団から5年の歳月を経てメジャーに挑戦することが決まったようだ。

スポーツ紙の情報によると、昨年オフの日本ハムとの契約更改でメジャー挑戦を容認された大谷選手は、足首の怪我によるアクシデントもあったが、昨日先発し初勝利で完全復活を、この日の登板をみまもった米スカウトにアピールした。

大谷のメジャー移籍金は?新ポスティングシステムってどんなルール?

契約金制限の適用年齢が23歳未満~25歳未満に引き上げられ、昨年の新労使協定により最大の契約金は5億5000万円の500万ドルが上限となった。

また、それに伴い球団に入ってくる譲渡金の見直しも検討されているが、現段階では、現行通りの上限2000万ドル(約22億円)が有力とのこと。

言い方は悪いが、来年にも、最悪は今回にも見直しの可能性もあるが、日本ハムは新球団建設にともない莫大なお金が必要となり、球団経営に必要なマネーは日本ハムを卒業という形で選手の年俸をカットするなどコスト面ではアメリカ式の経営、そこで今が売り時の大谷選手のメジャー移籍は容認し、大谷選手も日本ハムの5年間でメジャーで戦える肉体を作った来季は夢であるメジャー移籍へといういわば必然の流れなのかもしれない。

大谷翔平のメジャー希望球団はどこ?

あくまでも憶測で噂だが、とあるスポーツ紙によると、ダルビッシュ投手や、田中将大投手などの日本人投手がいない球団を希望しているという。

また、新ルールのポスティングで、500万ドルを準備出来る球団は限られるため、1球団の海外選手獲得の総合上限額である500万ドル(5億5000万円)の上限に達している球団は多く、大谷選手との契約までに必要な金額を用意している球団は限られるという。

すでにメジャーは将来の有望選手と大型契約をまとめている球団は多く、1球団の海外選手獲得の総合上限額である500万ドルを残せていないという訳だ。

そこで、仮にだが、大谷選手の最大の契約金が500万ドルだが、金銭にこだわらず意中の球団が300万ドルで大谷の獲得に手を上げたとして大谷がそれに合意すれば、どの球団にも獲得のチャンスはあるわけだが、大谷選手が買いたたかれる可能性は高い、しかし夢の為には金銭面には興味はない大谷は喜んで意中の球団に行きそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする