【楽天・新外国人】オコエ・ディクソンのメジャー成績と年俸は

ウインターリーグでオコエ瑠偉外野手(20)が、試合への出場機会が確保出来ないことから練習できない環境などを理由に途中帰国した話題は記憶に新しいが、楽天イーグルスが、来季の新外国人、7人目の外国人にオコエ・ディクソン外野手(27)の獲得に動いていることが分かった。

オコエ繋がりというわけだが、オコエ・ディクソン外野手はドジャース傘下の3Aオクラホマシティーでプレーしていた有望株、今季3Aで24本塁打を放っていた右の長距離砲なのだ。

そのオコエ・ディクソン外野手は左肩の亜脱臼のため現在はリハビリ中のため来シーズンの開幕には間に合わない見込みとのことだが、複数年契約も視野に入れ獲得を目指しているという。

スポンサーリンク

オコエ・ディクソンのメジャー成績は

オコエ・ディクソン外野手は、阪神タイガースの来季の外国人候補の上位にリストアップしていた選手でNPBの複数の球団がマークしていたようだが、どうやら楽天イーグルスがディクソン外野手を射止めたようで、早ければ来週中にも契約が合意に達するという。

また、今季の年俸は535.000ドル(約6000万円)、メジャー通算成績は7打数1安打、打率143、0本塁打、0打点、今季3A成績は116試合に出場し打率246、24本塁打、打点76の成績を残し、昨年3Aでの成績は打率328、打撃3部門で高い数字を残しているというディクソン外野手。(180cm.99kg.右投げ右打ち)

楽天イーグルス来季の展望

今季自身初となるメジャー昇格後では、ジャイアンツのエース、バムガーナー投手から中安打を放った期待の超有望株選手、主にレフトを守るオコエ・ディクソン外野手ですが、楽天はこれで7人目の外国人選手の獲得となる。

クルーズ選手は退団したが、ウィーラー、ペゲーロ、ハーマン、アマダー、コラレス、宋家豪選手の6名に、新たにオコエ・ディクソン外野手。

楽天の主力選手は左打者が多く、1軍外国人枠のウィーラーとアマダー選手は右打者ということから、左腕に苦戦した楽天は右の強打者に狙いを定めたようだが今季はペゲーロ選手の離脱や後半に盛り返したが打率237、OPS729と安定感は欠けていたかに感じるアマダー選手の不振時の危機管理として、現在は左肩の故障中だが来季中の復帰のメドは立っているオコエ・ディクソン外野手の獲得はシーズン後半戦を見据えれば、主力の外国人打者3選手の危機管理としては丁度良い補強となるかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする