ペゲーロ左太もも裏負傷で復帰まで2~3週間・岡島は2週間のW負傷

東北楽天イーグルスのカルロス・ペゲーロ選手が、7月23日(日)対オリックス戦の1回の盗塁を試みた際に左太もも裏を負傷し苦痛の表情を浮かべそのままベンチに退くアクシデントがありそのまま選手交代となりベンチ裏へ下がったが、診断結果は「左半腱様筋部分損傷(1度)、復帰まで2~3週間の見込みと診断結果が発表された。

これによりペゲーロ選手が24日に登録抹消される見込みとなることが球団関係者の情報により解った。また、これによりペゲーロ選手の復帰は早くても1か月後となる予定だ。

また、同日のオリックス戦の8回に再び楽天がアクシデントに見舞われた。

楽天・岡島選手が8回の守備に就くと左肩を負傷しそのまま途中交代した岡島選手は、「左肩亜脱臼による関節唇損傷」復帰まで3週間の診断結果が発表され、1試合で2人の長期離脱者が出るという異常事態となった。

スポンサーリンク

楽天・ペゲーロ&岡島の痛い負傷W離脱、復帰まで1か月か

ペゲーロ選手と岡島選手が共に負傷により3週間(ペゲーロ選手は2~3週間)の診断結果が発表され、回復後からの調整を合わせると1か月以上の長期離脱がほぼ確定してしまった楽天だが、茂木選手も最短であと1週間は戻ってこれず、首位争いをしているチームにとっては痛い負傷者続出の異常事態が発生してしまった。

これまでのペゲーロ選手は2番打者として全81試合に先発出場し、21HR 63打点 打率307と楽天の首位をけん引してきただけに非常に痛い離脱となったが、その期間が1か月前後という軽度で最悪の残り試合の全欠場という最悪な状況は免れたわけだが、それでも残り試合の半分前後は離脱することになり、この時期の1か月の離脱は優勝争いを左右するだけに痛い。

新人の起用法でぶつかる星野副会長と梨田監督の溝が決定的となり梨田監督の来季解任の噂

実しやかに囁かれている噂で本当かどうかは定かではないが、どうも星野副会長と梨田監督の亀裂が深まっているという。

その理由はドラ1の起用法にあるというらしいが、藤平尚真を使いたい梨田監督と目先の勝利で潰す気かと星野監督が疑問視、そして新外国人を用意すればこの戦力で足りてますよと否定し言う事を素直に聞き入れない梨田監督にかんかんだという。

また、2番ペゲーロも梨田監督が決めたオーダーではなくフロントが池山打撃コーチに持ちかけたものだというから采配能力も疑問視。

あくまでも噂話だが、早く若い世代へ交代させたいという上層部はこのまま負けてくれた方が都合が良かったりするのかもしれない・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする