巨人・岡本和真vs吉川尚輝の開幕1軍スタメン対決!若手育成枠は1つ?

巨人ファンの最大の関心事、それは2018年の巨人は育成出来るのか?するのか?ではないだろうか。

鹿取GMが若手育成をテーマに掲げ、岡本和真や吉川尚輝選手などは指定強化選手に指名され開幕スタメンのチャンスは高いと予想されている。

オープン戦までは岡本や吉川尚選手のチャンスは多く、優先され起用されると思いますが本当に巨人はこの両名を2018年は結果が出なくても育成起用するのか?と思っている人は多いのではないだろうか?

昨年は吉川尚選手は怪我で出遅れ、岡本選手はオープン戦でチャンスをもらい開幕スタメンに選ばれたが、すぐに2軍落ち。昨年の巨人の試合は全試合観たが、巨人の若手はスタメンで打つ→次の日はベンチ→数日後にスタメン→打てない→2軍。

という若手の起用法が目立っていたように感じる。例えば中日の京田選手は前半戦の4月の打率は2割前半だったが我慢強く起用され新人王に輝いたように、巨人は若手には結果をもとめ我慢できなく、見切りが早い。

スタメンで起用され結果を残したが次の日はスタメンから外れるという起用法、ベテランや主力は左右の投手に関わらず固定されるが、若手は投手によって入れ替えるという起用法は若手にとってはかなりのプレッシャーがあったのではないかと感じる。

また、巨人の若手のチャンスは3打席まで。それまでに打てないと試合終盤での4打席目は代打を送られるという、限られた打席で結果を出さなければならず、4打席目のチャンスはなかなかもらえない印象だった。

これは昨年に限らず、巨人の若手はこういう起用法が長年続いている感がある。2017年の日本ハムに移籍した大田選手は日本ハムで開花したが、栗山監督は打てなくても信用して次の日も使ってくれると言い、また巨人ではプレッシャーがあったと語っていたがその大田選手の昨年は3打席目までノーヒットでも、4打席目でヒットを良く打っていた。

大田は、打てなくても次の日も信頼され使ってくれるという安心感、巨人では考えられなかった4打席目という育成起用で開花したといっても過言ではない。

巨人の若手は、チャンスは3打席、次の日は2軍落ち、と考え失敗するといつもベンチをチラチラ観ながらおびえているように感じるがそれがプレッシャーなのだろう。

失礼ながら若手選手の山本の1軍打席ではいつもベンチをチラチラ、まるで投手ではなくベンチと戦っていた印象だった。

スポンサーリンク

岡本和真と吉川尚輝は育成起用されるのか?

毎年シーズン前は若手起用に期待を寄せるがシーズンが始まるとベテランや中堅選手の起用に落ち着いてくる巨人。

今年の巨人は村田選手の戦力外により、貴重な144試合分の1軍枠が1つ空いたが、高橋監督が我慢して吉川や岡本を起用出来るのか?もしも、吉川尚選手が開幕1軍に選ばれたと仮定し、4月は打てなく打率220~230だったとしたら、我慢して5月も起用することが出来るのだろうか?

これこそが巨人ファンが気になる懸念部分であると思いますが、岡本和真を年間通して起用したらどんな成績を残すのだろうか?そういう、若手の起用法を見てみたい。

筒香選手の3年目の成績は108試合、打率218、本塁打10、打点45だ。

筒香選手は横浜の、この3年目の1軍投手と戦わせ経験させるという貴重な財産を与えたことが、そして我慢強い育成起用が開花に結びついた1つの要因であることは間違いない。

巨人の若手育成が本気なら、若手の見切りは数試合じゃあ、天才しか育たない。凡才を育てるのが育成だとすれば、巨人は1年単でのスパンで、長期的視野での育成が必要なのではないだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする