岡田悠希(外野手・龍谷大平安)ドラフトの評価や進路と獲得球団は

2017年ドラフト会議では指名が予想される岡田悠希(龍谷大平安)外野手は、強肩強打の大型外野手候補。高校通算33発のパワーはもとより、広角に打てるバッティング技術もプロからの評価は高く、もしもプロ入りすれば中位から下位での指名が予想される。

まだ荒さが目立つ素材型との評価もあるが、素材はT岡田二世の呼び声が高い左の大型スラッガー候補だ。

スポンサーリンク

岡田悠希を中日と巨人が狙う?

岡田の出身は愛知県、その岡田を地元のスター候補選手枠としての指名が予想される中日ドラゴンズの評価は高く、中日スカウトはパワーよりも技術が高い、ドラフトの上位候補に入ってくる可能性はあるとコメントしているが、今年に入りチームは大舞台から姿を消しており岡田の評価も難しく下位指名での獲得が濃厚かもしれない。

また、巨人スカウトはT岡田みたいな大型外野手になれる素材と評価は高く、左のスラッガーの獲得が急務な巨人は下位指名で獲得を狙う可能性も。

DeNAスカウトは、スイング、パワー、外野を守れるから清宮よりも面白いと昨年時は評価している。

対する阪神のスカウトは、1年の時からマークしており岡田のバットコントロールを高く評価しており、スイングは清宮と遜色ないとコメントしていた。また、広角に打てる打撃とスピードも評価している。

日本ハムオリックススカウトは、西で一番、西の岡田、東の清宮と昨年の段階では評価している。

広島カープもマークしており、今年に入り大舞台か遠ざかっている岡田の3年時の成長の評価は別れるかもしれないが、潜在能力は高い評価で、もしもプロ入りを宣言すれば3,4位前後での指名もあるかもしれないが5位で獲得出来ればラッキーな選手ではないだろうか。

岡田悠希(おかだ・ゆうき)プロフィール

182cm,83kg 右投げ左打ち 遠投105m 50m6.3秒 高校通算33発

龍谷大平安に入学し、練習試合でホームランを放ち1年春からレギュラー獲得。投げては130キロを超える強肩強打の外野手で、1年目から頭角を現していったが、2年時は不調が続いた。

3年時には近畿大会の決勝で特大のホームランを放ち復活をアピール下かに思えたが、全体的に抑えられる場面も目立った。

16年春の選抜は11打数3安打1本塁打、17年夏の甲子園予選では1打数1安打の成績を残している。

16年の評価がピークだったが、伸びしろと素材の高さは群を抜いており、逆に評価が下がった今の、岡田選手が下位指名で獲得出来るとラッキーだと思わせる逸材である。

追記:岡田悠希(龍谷大平安)

進路は、進学が決定的なようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする