中日が大野奨太を獲得か!ドラゴンズのFA補強は捕手1人にターゲット

中日ドラゴンズが日本ハムの大野奨太捕手(30)の1人にターゲットを絞り、FA補強は1人だけ、大野奨太捕手がFA宣言、FA権を行使した場合は獲得に乗り出し他FA選手の獲得には動かないことが分かった。

中日ドラゴンズは今年のドラフトで有望な捕手を獲得することが出来ず、捕手の整備は急務だったが日本ハムの大野選手がFA宣言した場合は、ドラゴンズの捕手整備の為にそのベテランに白羽の矢を向けた。

スポンサーリンク

大野奨太・FA権行使が濃厚

中日ドラゴンズの最大の補強ポイントである捕手、日本ハムの大野奨太1本に絞り宣言した場合は獲得に全力を注ぐことが分かった。

その大野奨太捕手は、日本ハムファイターズと2回の交渉を行ったので結論はほぼ出ていると語っており宣言する可能性が極めて高い、濃厚だという。

日本ハムの捕手事情は、今季途中にDeNAから黒羽根捕手を獲得し若手を起用するなどFAの権利を取得している大野の出場機会は世代交代の煽りを受け激減しており、日本ハムファイターズのシステムではベテランのFA権利を取得した選手の放出の可能性は極めて高く、若手捕手への育成に舵を切った日本ハムの大野奨太捕手については卒業おめでとうのタイミングだった。

さらには出場機会を求めているという大野奨太捕手自信についても起用法の問題から考えてもFA宣言は濃厚かもしれない。

現段階では大野奨太捕手がFA宣言した場合に獲得に動くと言われている球団、獲得に強い意思を感じる球団は中日ドラゴンズ。

しかし、今年のドラフトで捕手補強が出来なかった球団には楽天イーグルスも挙げられ、もしも大野奨太捕手がFA宣言した場合は、西武の炭谷捕手の動向次第ではポスト嶋として獲得を目指していた岸田を巨人に先に獲得され、ポスト嶋を獲得出来なかった楽天の参戦の可能性も考えられ複数球団の争奪戦へと発展することも予想されますが、現段階では中日ドラゴンズの声が一番強く、仮定の話で言えば中日ドラゴンズが紙面上でFA宣言すればうちが獲得に動きますよ、とアピールしており大野捕手の獲得に一番近い球団は中日かもしれない。

また、一時期噂されていた巨人の大野奨太捕手獲得の可能性は、巨人が今年のドラフトで捕手を獲得したことから、また育成路線へと舵を切ったことから巨人の参戦は限りなく0%に近いだろう。

日本ハムの大野奨太捕手は竜の恋人、今年のドラフトでは将来のエース候補と守護神のW獲りに成功したことからあとは捕手で締め来季に挑みたいところだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする