西武FA野上の移籍先は巨人に決定?鹿取GMが獲得を明言!大本営も報道

巨人が西武FAの野上獲りを明言した。負け戦はしない巨人の鹿取GMが明言し、大本営の読売新聞と各スポーツ紙が大々的に巨人の野上獲りの情報を流したということは、これまでの巨人から考えれば野上獲得のメドがついたか、または獲れる確率が高いと判断したのか、ということになる。

その野上獲得への参戦を明言した巨人の鹿取GMは、多少のリップサービスはあったとしても菅野に次ぐ位置付けと評し、巨人のユニフォームが似合っていると思うと高い評価で絶賛している。

野上投手の今季の成績は11勝、通算防御率は4点台だが12年からは毎年100イニング以上投げている故障が無い強い身体を評価し、投げてはトラックマンを用いた野上の球質のデータは球界の代表投手と遜色が無い2400回転という上質な玉のキレなど、目に見えない部分も評価し最上級の評価で野上獲りを明言している。

また、巨人としての本音は、期待はしているが計算出来る投手が欲しいという所ではないだろうか。今季の巨人は裏ローテは崩壊し、さらに来季はマイコラスが抜けるとなると巨人の来季の先発は崩壊する。

例え、10勝10敗のピッチャーでも年間ローテを守れ計算出来る投手が必要ということだろう。

スポンサーリンク

鹿取GMが西武FA野上獲りを明言

今思えば、野上の巨人入りのフラグは立っていた。10年前に野上投手の嫁である石川梨華は巨人のユニフォームに身を通していたのである。

野上投手の嫁である石川梨華は大の阪神ファンでアンチ巨人、大の巨人ファンの徳光氏とは永遠に巨人の良さは分からないと激しいバトルを繰り広げていた過去もあり、徳光氏との番組の企画で巨人のユニフォームを着ていたが、巨人のユニフォームは着たくないとコメントしていた。

これを漫画のワンピースで例えるなら、その頃から石川梨華が巨人のユニフォームを着て巨人を応援するフラグは立っていたということになる。

大の巨人嫌いが、大の巨人ファンになりました、というフラグだ(笑)

夫にどこまでも付いていきますと語っていた石川梨華夫人の意向は、夫である野球が仕事の野上の移籍先への影響は全くないと思われ、夫人もこれからは巨人ファンになります!ということは想像出来る。

しかし、野上投手は西武も宣言残留は認めているが、横浜DeNAも獲得を狙っているのである。そのDeNAは水面下で野上の調査を行っていると言われ阪神の大和選手とのW獲りを噂されていますが、今は大和選手獲得が最優先だろう。

阪神タイガースは野上からすでに撤退しており、今後は巨人、DeNA、西武の争奪戦へと発展していきそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする