【夏の甲子園2018】優勝予想!本命と注目の高校はココだ!!

第100回全国高校野球選手権、2018年夏の甲子園の組み合わせ、日程、甲子園へ出場が決まった各都道府県の代表高校をまとめていきたいと思います。

また、昨年の甲子園は花咲徳栄が優勝しましたが、今夏の甲子園はどの高校が深紅の優勝旗を手にするのだろうか?

春夏連覇へ期待がかかる、ドラフト候補を7名も有する銀河系スター軍団、ミレニアル世代が集結した世代最強軍団、大阪桐蔭が春のセンバツ甲子園に続き夏の甲子園も優勝を勝ち取るのだろうか?

昨年の甲子園は台風で延期になりましたが、今年の甲子園は8月2日16:00に抽選会、8月5日(日)に開幕予定となっています。

組み合わせ日程、優勝予想につきましては甲子園出場高校が決定し、抽選会が終了次第、更新したいと思いますが、

それまでの優勝予想につきましては有力の高校やドラフト注目選手などの紹介をまとめて行きたいと思います。

情報が入り次第、随時更新していきます。

スポンサーリンク

2018夏の甲子園・組み合わせと日程

下記に、組み合わせや、各高校のドラフト注目選手などを情報が解り次第、随時、詳しくまとめていきます。

2018年の夏の甲子園は記念すべき100回目の甲子園メモリアル、「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」となります。開幕日は8月5日(日...

↓は、昨年の2017年の甲子園トーナメント表です。

2018年の夏の甲子園の組み合わせは抽選会は、8月2日(16:00)に開始予定になっていますので、対戦高校と日程が決まり次第更新したいと思いますが、今年の代表校が出揃うまでは、昨年の各都道府県の代表高校と、どうメンバーが入れ替わるのかなどの比較をお楽しみください。

下記は、春のセンバツ高校野球トーナメント表です。

夏の甲子園2018優勝予想

2018年の夏の甲子園、第100回全国高等学校野球選手権記念大会の抽選会は、8月2日(木)16:00開始予定となっています。

甲子園の抽選が終わり次第、優勝予想をしたいと思いますが、現段階では2年生がメンバーに入り春夏連覇に挑む新生大阪桐蔭を軸に、センバツでは決勝で敗れた智弁和歌山、東海大相模、明徳義塾、日本航空石川、東邦などが優勝候補に絡み、さらには夏に力を伸ばしたチームである昨年の優勝高校、花咲徳栄のように春のセンバツに出場していないチームが優勝を勝ち取る可能性も有る夏の甲子園。

2年と3年が入れ替わる4月~7月の時期は、急激に高校生ナインが伸びる時期でもあり、この時期を制した高校が予選を勝ち抜き2018年の甲子園を制する可能性もあり、春の県大会では昨年の甲子園出場高校である広陵は2回戦で敗戦し夏はノーシードになり、新チームなった各高校の戦力は一新しています。

また、現段階では、このままでは勝てないと2年生がスタメンに加わり、64名全員でスタートした新生大阪桐蔭は藤原、柿木を抜きに春の大阪大会2回戦では16-2と猛打爆発、センバツ優勝の油断は無く好発進している。

夏の甲子園・ドラフト注目選手

あくまでも現段階ですが、春のセンバツ高校野球で活躍した高校から数名をピックアップ。注目選手は夏の甲子園予選が始まり次第、随時更新していきます。

3月現在:更新

高校 注目選手 守備 特徴
大阪桐蔭 根尾 昴 投/遊 高校生ドラフト
No1注目選手
大阪桐蔭 藤原恭大 ドラフト1位候補
大阪桐蔭 柿木 蓮 右腕 MAX148キロ
東海大相模 森下翔平  高校通算46号
東海大相模 渡辺健士郎 センバツ2発
   
明徳義塾  谷合悠斗  高校通算29号
日本航空石川 原田竜聖 センバツ
サヨナラHR

大阪桐蔭

投げてはセンバツでMAX147キロの二刀流、大阪桐蔭の超高校級、根尾昴は今夏の甲子園に出場しスター街道を突っ走れるのかに期待がかかる。現段階ではセ・パ12球団が注目する高校生のドラフト1位指名候補だ。

また、もう一人のドラフト1位候補である藤原恭大に、MAX148キロのエース柿木、横川、山田、小泉、中川などのドラフト対象選手にも注目だ。

明徳義塾

春のセンバツでは、絶体絶命のピンチをサヨナラ本塁打で試合を決めた谷合悠斗にも注目だ。

日本航空石川

センバツ初戦で4安打を放ち、3回戦の優勝候補の一角である明徳義塾戦では1点を追う9回に6号の逆転サヨナラ3ランを放った原田竜聖に、プロが注目する4番上田優弥は甲子園でブレイクの予感も。

東海大相模

高校通算46本の森下翔平に、センバツ2本の渡辺健士郎選手達が率いる東海大相模は今夏の甲子園も当然主役になってくるかもしれない。

センバツ高校野球最速ランキングTOP3

松山聖陵

148キロ→土居豪人(右)188cm、80kg

日大三

147キロ→井上広輝(右)180cm、74kg

大阪桐蔭

147キロ→根尾 昴(右)177cm、78kg

明徳義塾

146キロ→市川 悠太(右)184cm、75kg

今春センバツでは、上記以下は145キロ未満。

甲子園注目カード

夏の甲子園が開幕し、日程が決定するまで今しばらくお待ちください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする