日ハム増井に2年4.4億!中田翔はFAせず残留濃厚で近日会見

日本ハムの中田翔選手はFA権の行使はせずに残留が濃厚、近日中に会見を開く見通しであることがわかった。また、増井投手は残留も視野に入れているが契約年数がネックでFA移籍を熟考している段階、大野選手は宣言濃厚、宮西選手については球団と下交渉を行い高い評価を受けているとのことだが結論は持ち越しとなっているようだ。

スポンサーリンク

増井浩俊に2年4.4億円提示

日本ハムファイターズが増井浩俊投手に、2年4.4億円超、推定単年2.2億円超の条件を提示していることが分かった。

また、増井投手は他球団の評価を聞いてみたい気はある、また希望の契約年数に開きがあることが昨日の記事にて噂されていますが、今季の年俸は2.2億円。

その年俸を上回る2年の複数年契約4.4億円を超える条件を提示さてているが、増井投手は3年契約以上を希望していると予想される。

また、増井投手がFA権を行使した場合は複数球団が動向を注目しているというが名前が挙がっている球団は現段階では、増井が東京に家族を残す巨人だ。

その巨人の今季は、30億円の大補強を敢行したがシーズン4位、それでだめなら来季はさらに30億円補強などの噂もあり、嫌、来季は育成で補強はしないという噂も流れているがマシソン、マイコラスのW流出の可能性もあり、最悪はどちらか1人の退団が濃厚で戦力維持ではなく戦力UPのために増井投手1人に絞り獲得に動く可能性は高いかもしれず、増井巨人で読売ファイターズ誕生の可能性は高いかもしれない。

中田翔、FA宣言せず残留でトレード?

中田翔選手はFA宣言せずに残留の見通しで近日中に会見を開く予定というが、日本ハムにそのまま残留といのは鵜呑みに出来ない。

何故FA宣言しないのかというと、今季の成績では高すぎる年俸2億8000万円。宣言しても何処も獲得に動く球団は無いという訳だ。そこで、減俸で残留し、FA権は行使せずにトレードの可能性はまだあるかもしれないと予想されており、日本ハムも金銭トレードでFA宣言での人的保証ではなく金銭保証分の金銭でのトレードが出来れば問題ないという訳だ。

大野奨太はFA濃厚!宮西は結論持ち越し

大野奨太捕手については宣言確実と予想されており、中日が獲得に乗り出している。そこへ、ドラフトで捕手を補強出来なかった楽天などの参戦も考えられるが大野捕手については宣言での他球団移籍が決定的か。次回の交渉で結論を出す見通しだ。

宮西投手については、球団から残ってほしいと引きとめの言葉をもらい誠意を感じたというが、野球人生を何処で終えるかも大事と11月中での結論持ち越しとなっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする