広陵の中村奨成を巨人がドラフト1位にリストアップか!鹿取GM絶賛

巨人が今秋ドラフト1位指名候補に、広陵中村奨成捕手を挙げ、中村を1位指名する可能性が高まってきた。

巨人は鹿取GMがGM補佐の段階から足重に中村捕手の元へ視察に行き、中村を追っていた1番の球団と言われていたが、春の段階から中村奨成捕手をマークしており、春の時点ですでに中村捕手を特A評価と語っていた。

あくまでも現段階での噂だが、中村捕手が甲子園で活躍するまでは2位で獲得出来ると判断していたのではないだろうか。そして巨人のドラフトでの2位指名の秘密兵器として獲得したかったのではないかとこれまでの巨人からの発言で感じる。

しかし、甲子園で一気にブレークした中村はドラフト2位では獲得することは実質不可能となり、1位指名ではないと獲得出来ないスター選手への階段を駆け上がってしまい巨人としては複雑な嬉しい悲鳴だっただろう。

スポンサーリンク

巨人は広陵の中村奨成を1位指名するのか?

巨人には小林がいて最近ブレークしている宇佐見捕手がいるが、それでも巨人は中村を指名するのだろうか?

答えは、指名する、と筆者の私は思っている。(あくまでも推測です)

巨人坂本ファンで、小林を尊敬している中村奨成捕手を鹿取GMは絶対に重複になる、1位候補と大絶賛しているが、小林と宇佐見の2人の期待する捕手がいるからという理由ではなく、小林は広陵のOBで中村君の先輩でもあるのだが、これはいわゆる球界ではタブーと噂されている都市伝説の同門選手と言うことになりそれでも獲得に動くのかという疑問点が沸いてくる。

しかも、守備が同じ捕手ということが複雑で難題だ。

同じ高校出身の選手の同じ捕手を獲得が出来るのだろうか、広陵の監督は愛弟子が同じ球団の同じ守備を争うライバルになることに嫌な顔をしないのだろうか、など色々な憶測が流れているがそれでも春先からマークし信頼関係は築いていると推測する。

仮にだが中村捕手は巨人の数年後の課題でもあるサード村田の世代交代にも備えることが出来、サードも遊撃も出来る中村君の起用法に関しては、例えば巨人が獲得したとすれば、左の強打者が欲しい巨人は宇佐見の今後の結果次第では宇佐見を外野へコンバート、数年後には中村をサードにコンバートなどさまざまな選択肢が可能となり、小林や宇佐見が捕手で先発した時は中村がサードで先発など色々なオーダーも可能となり、中村捕手の獲得は巨人の課題でもある打てる捕手問題だけでなく、村田の後釜であるサード問題までも解決することが出来る。

しかし、鹿取GMは捕手中村を評価しており、もしも獲得出来たとすれば捕手での起用を第一に考えると思うが、危機管理としての選択肢は広い。

あくまでの勝手な憶測だが、U-18での結果に関わらずむしろ調子を落としてくれた方が単独指名の可能性も広がるという位の本気度ではないかと予想するが、日本ハムやオリックス、広島、中日などの中村捕手の獲得も噂されており、ドラフトまでの約1か月、中村捕手は何処が獲得するのかというやきもきした日が続く・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする