夏の甲子園!広陵・2発の中村奨成×秀岳館・川端健斗のドラ1候補対決

夏の甲子園・2回戦に広陵vs秀岳館が決定!

本日の1回戦、広陵vs中京大中京は、中村奨成(広陵)捕手がホームラン2発を含む4安打3打点の活躍で10-6で勝利し、2回戦進出を決めた。

また、続く今大会屈指の注目カードの横浜vs秀岳館は、川端健斗(秀岳館)の力投の前に6回2安打1失点に抑えられ、その後は接戦に持ち込むもその後は0点に抑えられ6-4で秀岳館が勝利した。

スポンサーリンク

広陵・中村奨成の2発で中京大中京を破り2回戦進出を決める!

その広陵の序盤は5回まで中京大中京に2点リードされる苦しい展開だったが(2-0)、広陵が6回に中村奨成のソロ本塁打を川切りに2点の追加点で3点を奪い逆転に成功すると、7回に3点の追加点、そして8回には中村奨成が右方向に圧巻の2本目となる2ランを放ち4点を奪い試合を決めた。

中京大中京は、向かえた最終回の9回に3点を奪い反撃するも10-6で力尽きゲームセット。また、この日2本目を逆方向への(右方向)一発は自身初めてで公式戦での2連発も自身初となり、この2本の本塁打を嬉しかったとコメントした中村奨成の右方向への本塁打は、甲子園で広陵×秀岳館を見守るプロ野球12球団スカウト達への今秋ドラフトでの1指名をアピールしただろう。

そして、この右方向への広角に打てる強肩強打の捕手の価値は、この1発で高まり一気にドラフト1位候補に、2位以内で必ず消える各球団のドラフト編成を考え直させる1発となったのではないだろうか。

また、今大会注目の今秋ドラフト1位候補の増田珠外野手は、3打数1安打の成績だった。

秀岳館・川端健斗投手の力投で接戦を振り切り横浜を下す

全国高校野球選手権・1回戦、今夏の甲子園で1番の注目カード、横浜vs秀岳館の優勝候補対決の序盤は1回に秀岳館が3点を奪いリードすると、その後はエース川端健斗投手が6回までに2安打1失点5奪三振を奪う圧巻のピッチングを見せ、高校生No1左腕の実力を見せつけ、今秋ドラフト1指名へ甲子園大会を見守るプロ野球スカウト達へアピールした。

7回からは秀岳館のもう一人のW左腕のエース、田浦 文丸投手に変わったが、横浜の福永 奨6番キャッチャーに3ランを浴び試合は6-4の接戦に。

夏の甲子園・2回戦に広陵×秀岳館の中村奨成×川端健斗ドラ1対決

1回戦で中京大中京に16安打10点で10-6で勝利した広陵打線、1回戦で2発のホームランを放った中村奨成と、秀岳館・川端健斗(左腕)のドラフト1位候補対決のどちらに軍配が上がるのかが非常に楽しみな2回戦になるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする