広陵・中村奨成をドラフト1位で指名する球団は巨人・日本ハム・広島か

1大会6本塁打の新記録を樹立した、2017ドラフト会議1位指名候補の、広陵中村奨成捕手がプロ入りを表明したとすればどの球団が1位獲得を狙うのだろうか?巨人・広島・DeNA・阪神・日本ハム・オリックス・中日・ヤクルト・西武・楽天・ロッテとほとんどの球団が上位候補に挙げているのではないだろうか?

その、広陵・中村奨成捕手は今秋ドラフトでの1位指名が予想され、今夏の甲子園で評価が爆上げ中の中村奨成(広陵)捕手は、ドラフト1位指名の筆頭候補になったかもしれない。

これまではもともと評価は高くドラフトでは上位指名が予想されていたが、甲子園で清原氏の記録を破る1大会6本塁打を放ち、第99回夏の甲子園大会で一気にブレイクした選手ではないだろうか。

そこで中村奨成(広陵)捕手が仮にプロ入りを表明したとすれば何処が1位で獲得するのかを予想して見た。

スポンサーリンク

2017ドラフト会議・1位指名予想・中村奨成捕手 編

捕手を1位で指名する余裕が有るチームは広島が筆頭候補だろうか。球団も清宮よりも中村を優先すると言っており、外れ1位中村の筆頭球団。

続いて選手の頭数の層は厚い巨人の捕手事情は第二捕手がいなく、宇佐見捕手が出てきたがその他がいない。また、小林選手は打率2割前後なものの守備で貢献しているが、打てる捕手を求める巨人の指名、12球団で中村を1番マークしてきた巨人は1位指名の可能性すら高い。

阪神も中村は欲しいだろうが、3年連続の清宮以外の1位指名と外れ1位指名の可能性は低いかもしれない。

DeNAの評価も高く捕手の補強もポイントと語っていたが1位でというよりは面白い選手がいれば、上位でというコメントから、外れ1位は地元横浜の増田や即戦力投手を狙う確率が高いと予想する。

ヤクルトは1位で狙うのは清宮、チームの捕手事情を考えれば外れ1位は中村の可能性も高いが、即戦力の投手優先のチームの戦力事情か。

中日の今年のドラフト1位は清宮が濃厚、しかし中村と清宮を迷っているとのコメントから、中村捕手の外れ1位の可能性は高い。

対するパリーグを見てみると、ソフトバンクは昨年に九鬼捕手を獲得し甲斐選手の台等も目立ち若い世代の捕手が多いことから中村の1位指名は無いと予想するが、他の5球団の参戦の可能性は捨てきれない。

日本ハムは清宮がドラフトに参戦するまでの1位筆頭候補だった中村は外れ1位の本命か。

ロッテは1位指名の候補に上がったとしても清宮や安田の和製大砲が優先、外れで中村を狙うかは微妙なところだ。

楽天は、清宮や東を外せば外れ1位は中村に。

西武は村上捕手をマークしており、信頼関係、パイプを崩すことは避け、村上捕手を狙う可能性が高いと予想する。オリックスの外れ1位は現状の捕手事情を考える中村の外れ1位指名の確率は、ハーフハーフ位だろうか。

あくまでも現段階での予想ではあるが、巨人、広島、オリックス・日本ハム・中日・DeNA、楽天までは、外れ1位までに狙う可能性は高いと予想します。

現段階での1位指名の確率は

巨人45% 広島 35%

楽天25%

DeNA10% 中日10% 日本ハム10% オリックス10%

と、予想します。

※中村選手の外れ1位までのオッズ。

  オッズ   オッズ
広島 1 日本ハム 1.5
巨人 3 SB 1000
DeNA 4.5 ロッテ 7
阪神 50 西武 100
ヤクルト 8.5 楽天 3.5
中日 2.5 オリックス 5

※オッズは情報が入り次第更新します。

本命:広島・巨人・日本ハム・中日
対抗:DeNA・オリックス・楽天
穴 :ロッテ・ヤクルト

2017年プロ野球12球団の捕手成績まとめ

12球団の主な捕手の成績を簡単にまとめてみました。

※9/23日現在成績:セリーグ

 読売ジャイアンツ
名前 試合数 打率
小林 誠司 28 131 2HR   205
相川 亮二 41 28 0HR   135
實松 一成 36 14 0HR      0
宇佐見真吾 24 18  3HR   333
 広島カープ
名前 試合数 打率
 會澤 翼 29  103 5HR 275
 石原 慶幸 37  77 1HR 204
 磯村 嘉孝 24  18 2HR 267
阪神タイガース
名前 試合数 打率
梅野 隆太郎 26  104 2HR 211
坂本 誠志郎 23  42 2HR 248
   横浜DeNA
名前 試合数 打率
 戸柱 恭孝 27  107 8HR 209
 髙城 俊人 24  26 0HR 255
 嶺井 博希 26  44 3HR 264
 中日ドラゴンズ
名前 試合数 打率
 松井 雅人 29  82 1HR 221
 木下 拓哉 25  51 0HR 192
 杉山 翔大 26  38 0HR 091
 ヤクルトスワローズ
名前 試合数 打率
中村 悠平 27  120 3HR 240
西田 明央 25  37 1HR 138

※9/23日現在成績:パリーグ

 ソフトバンクホークス
名前 試合数 打率
 甲斐 拓也 24  96 8HR    232
 鶴岡 慎也 36  28 3HR    333
 髙谷 裕亮 35  87 0HR    199
 楽天
名前 試合数 打率
 嶋 基宏 32  102 3HR  205
 足立 祐一 27  44 0HR  172
 細川 亨 37  18 1HR  111
 西武ライオンズ
名前 試合数 打率
炭谷 銀仁朗 30  102 3HR  249
 岡田 雅利 28  65 0HR  219
 オリックス
名前 試合数 打率
 若月 健矢 21  91 0HR  213
 伊藤 光 28  95 5HR  201
 日本ハム
名前 試合数 打率
黒羽根 利規 30  16 0HR  227
 大野 奨太 30  74 3HR  209
 市川 友也 32  57 1HR  170
 ロッテ
名前 試合数 打率
 田村 龍弘 23  126 3HR  248
 吉田 裕太 26  55 3HR  180

盗塁阻止率などは考慮せず、簡単に打率のみで12球団の捕手をまとめてみたが、改めて見るとほとんどの球団が中村奨成捕手を獲得出来るのならしたいと思うのではないだろうか。

しかし、中村捕手は外れ1位や2位では残っていないと予想され、ドラ1で狙わないと獲得出来ないと思われることから各球団の優先順位は変わってくるだろう。

現在の中村捕手の評価は、甲子園で6本の本塁打を放ち、走攻守に肩の強さまで加わり現在の評価は谷繁二世、城島二世の呼び声が高く10年に一人の逸材と感じさせるほど甲子園での活躍で評価は急上昇中。

甲子園本大会参加選手の中で中村のみがドラ1候補と言われるほど高い評価を得ているがどの球団がドラフト1位で獲得を狙うのだろうか。

U-18野球ワールドカップも終わり、中村の夏も終わったがU18では木製バットに苦しんだ印象で、中村のドラフトにどう影響するのかにも注目したい。

しかし、中村を獲得したい球団は、肩と体の強さ、捕手の能力を優先し、バッティングは数年後を見据えU-18の成績はまったく問題にしていないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする