【巨人】大ナタ制裁GMコーチ監督総入れ替え中畑清監督誕生へ

いよいよ巨人がやばい。主力の高齢化、ドラフト戦略ミスで若手の育成失敗、来年以降、暗黒期にずっぽりと足を踏み入れてしまいそうだ..

スポンサーリンク

若手がいない!過去最大級の暗黒期へ突入

阿部は今季で2000本安打達成は確実と言っていいほど打ちまくっているが、2000本というモチベーションと2000本へという執念から出てくるアドレナリンで、満身創痍の痛みは多少は吹き飛んでいるだろうが、2000本達成後のモチベーションと来季39才という年齢からいつ身体が壊れてもおかしくない状態だ。

村田もいつ調子が落ちてもおかしくない年齢。こうなると、来年以降は坂本と・・坂本しかいないんですよね。

陽選手と石川選手の日ハムコンビに頑張ってもらわないといけないという、自軍での育成は出来ておらず、ゆいつ楽しみな若手は岡本と吉川、あとは小山選手とのトレードで獲得した澤貴裕も楽しみだが未知の選手。

阿部と、村田がいなくなれば万年Bクラスが現実で、若手とベテランの世代交代が全く進んでいないのだ。

いや、これで良かったのかな、そうでもないと若手が使われないから、なんてこともおもったりもするんですけどね。

だって、村田や阿部がいなくなれば否が応でも岡本とか使うでしょ?って思うんですよね。

そして、投手もマシソンとマイコラスは来年メジャー濃厚だ。

菅野と何とか田口も大丈夫か?って状態だけど、これまでの菅野の酷使で菅野もいつ壊れてもおかしくはない状態。

いよいよ、来年以降がやばい巨人軍。もうね、はっきりいってスカウト陣の大卒優先思考と、松井みたいなスターを指名してほしいフロントとの溝で、結局育成出来ないと考えているスカウトの要望で即戦力優先で数年先を見越したドラフト指名はせず、これまでドラフト対策が一貫していなかった巨人軍はいよいよ世代交代出来る有望な若手、特に野手がいなくなった。

スカウト陣は大卒ばかりの指名で野手は見る目なし、そりゃそうでしょう、素人がドラフト編成トップでピッチャー出身者ばかりがスカウトなんだから・・

西武のドラ3源田とか、楽天の茂木もドラ3、こういう選手を見極めれるスカウトがいないんだよね、だから下位指名で良い選手をとることもできない。

もうね、監督もGMもコーチもスカウトも全部入れ替えたて、監督もよそ様呼んで一度チームを解体させて作りなおした方が良いと思う訳ですよね。

ほら、良く言うでしょ?新しいものを作るときは一度ぶっ壊せって。

中畑清巨人監督誕生へ加速

現在は高橋監督が指揮を取っているが日テレやおひざ元の報知からまでも評判が悪い。原因は愛想がない記者の質問の受け答えだ。

もっと喜怒哀楽を出してと高橋監督のキャラクターにまで苦言を呈している。

そして采配も疑問だが、今年のジャイアンツ入場者数は9.3%減とファン離れも加速している。

無理を言って高橋に監督を引き受けてもらった貸しがあるためもう1年の猶予があるかもしれないが、今季の成績次第では高橋監督の解任もありえる。

すでに、今年の30億補強とも言われている補強でFAトリオは全て2軍など、親会社トップの渡辺氏はフロント補強を、だれも1軍にいないじゃないかとバッサリ切り捨て苦言。

監督とフロント陣の総入れ替えも現実味を帯びてきているのだ。

そこで、過去は門前払いだった中畑清氏だが横浜DeNAでの監督の実績とファン受けする明るいキャラクター、今は巨人の方から頭を下げて向かい入れる体制などと、今や次の監督候補は中畑氏1本とも噂されている。

松井氏は監督の可能性は限りなく0に近く、阿部も不倫問題で一気に幹部からの評価を落としたがそれでも次の監督候補。しかし、高橋みたいにいきなり監督をさせるという苦労はかけたくないらしく、中畑監督の下でコーチを学び、監督へと言う流れに、というプランも噂されている。

来年、遅くても再来年のどちらかに阿部の繋ぎとして巨人中畑監督が誕生し、そして阿部が引退後その下でコーチ業を学び、3~5年後には阿部監督が誕生しているかもしれない。

読売巨人軍、高橋由伸監督はどうやら限界が近づいているようだ。 一部の噂ではオールスーター戦の夏休み期間に前半戦のチーム状況などをオーナ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする