日本ハム・中田翔FAオリックス入りか?オフに阪神と大争奪戦

今オフにFA移籍で阪神入りが濃厚といわれていた日本ハムファイターズの中田翔選手(28)が何と今度はオリックスバファローズ入りの噂が流れてきた。そして、阪神の撤退の情報も流れてきた。

その中田翔選手は、関係者にオリックスの福良監督と一緒に野球をやりたいと漏らしているという。そのオリックスの福良監督は日本ハムのヘッドコーチだった時代に中田翔選手を指導してきた監督で、中田翔選手については特に厳しく野球のいろはを教え面倒を見ていたといい、そのオリックスの福良監督に中田翔選手は心酔、信頼しているという。

スポンサーリンク

今オフFAで中田翔選手のオリックスと阪神タイガースの大争奪戦勃発

これまでは、同郷の師匠こと阪神タイガースの金本監督とはオフに一緒に自主トレに行くなど個人的にも付き合いがあり、また選手の年俸総額が27億円以内で球団を運営する日本ハムの育成システムは、FAやFA前の年俸の高額選手やベテラン選手などはトレードに出し若手育成に切り替えていくというある意味シンプルな運営方法を行っており、これ以上は年俸を上げることが出来ない中田翔選手は今オフに日本ハムを卒業おめでとう、という形で放出が決定路線で、それで師と仰ぐ金本監督の阪神タイガース入りが決定的といわれていた。

しかし、その重圧からは今季は大不振で大手を振ってFA宣言できる環境ではなくなってきたわけなのだが、そこで中田選手には減俸や年俸維持で日ハムに残留、少しでも年俸UPを勝ち取るためにFA移籍か、という選択肢になってくるわけであるが、今の成績では阪神が獲得するのか、今の年俸からどれだけ上乗せして獲得してくれるのかもポイントとなってきそうだが、

そこで、オリックスが中田選手のFA移籍での獲得に参戦してくれば今の成績でもFA料として年俸UPが勝ち取れるかもしれない。

また、ここに巨人が参戦でもしようものなら阪神とオリックスの3球団のバトルになり、オリックスや巨人、はたまた阪神は上限を上乗せするだろうことを見越しての今回のオリックス入りの話を流したとするなら大したものだが、FA宣言せずに年俸ダウンを受け入れて1年契約で日本ハムへ残留という可能性も高いだろう。

しかし、これまでは阪神1択だっただけにオリックスがこの情報を鵜呑みにすればFA参戦は決定的で中田選手にとっては好都合だろうが、日本ハムも今回ばかりは黙ってはいられない事情がある。

今オフの日本ハムは大谷がメジャー移籍、大野奨太,5500万 中田翔,2.8億 谷元圭介,1億 増井浩俊,2.2億 宮西尚生,2億とFA移籍候補が揃っており、中田選手まで出て行かれると困るであろう日本ハムは、この中の半分はいなくなるであろうことから、その分の年俸で中田選手を引きとめる可能性も高そうだが、中田選手の本心はどこにあるのだろうか。

阪神が日本ハムの中田翔から撤退?

阪神タイガースが、FA権を取得した日本ハムの中田翔から撤退したとの情報が流れてきた。その理由は阪神が進めている若手育成。

中田選手をFAで獲得してしまうと守備はファーストか外野で、阪神のドラ1、大山はもともとはサードだが1塁で起用、中谷や去年の新人王の高山選手など若手を育てたい阪神は、またそろそろ福留選手や鳥谷選手もファーストも視野に入ってくる時期で外野とファーストの守備位置の中田を獲得してしまうと、その若手の育成やベテランの起用法を阻んでしまうという結論から中田翔の獲得を見送ったとの情報が出てきたが、はたして阪神は本当に撤退したのだろうか?

阪神のストーブリーグから目が離せない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする