永野将司(しょうじ・ホンダ)ドラフト評価や進路と獲得球団は

2017年ドラフト会議での、即戦力の中継ぎ左腕候補として獲得が予想される永野将司投手は、最速153キロの社会人屈指の左腕。大学4年生の時に右ひじを手術し1年間以上をリハビリに費やした苦労人だが、社会人に入ると頭角を現してきた。

大分県立日出暘谷(ひじようこく)高校時代は外野手としてプレーし2番手投手として投げていたピッチャーが、なぜ153キロも投げれるようになったのだろうか。(高校時代は120キロ台の球速だった)

スポンサーリンク

2017年ドラフト会議・永野将司を巨人が獲得を狙う?

巨人のスカウトの評価は左で素材が良いね、152キロ出ていたよと高評価だったが、今年の巨人のドラフトは、あくまでも現段階での噂ではあるが、左腕不足の巨人は上位で野手、下位で左腕投手を乱獲するという噂があり、他球団もマークしているだろうが巨人の今秋のドラフトの秘密兵器として、永野将司左腕を4位前後での指名を狙っているのではないかと筆者は予想している。

他球団のスカウトも、どこもマークしてるんじゃないですかとドラフト指名リスト入りはしているようだ。

また、大学時代に右ひじのトミー・ジョン手術をし約1年半のリハビリ生活を送った過去を持つ永野投手のドラフト指名はためらう球団もあるかもしれないが、あくまでも現段階での予想だが3~5位前後の人気指名候補となりそうな気配が漂う選手だ。

2017年ドラフト指名候補・九州国際大→Honda 永野将司プロフィール

県立日出暘谷(ひじようこく)高校→九州国際大→Honda 永野将司(ながの・しょうじ)181cm,82kg MAX153キロ 左投左打 変化球:ストレート・スライダー・チェンジアップ

常時140キロ台中盤から後半を投げる速球派左腕、中継ぎの即戦力候補としての素材と評価は高く、社会人野球、Honda入りしてから急激に成長した選手の一人で、ひじの手術後には急激に球速も伸び開花した選手の1人だ。

また、巨人のルーキー投手の畠投手も肘の手術後に自己最速となる155キロをマークしており、肘の手術が成功した選手の一人だろう。

その、永野将司投手は2017年の7月16日の都市対抗野球の1回戦に全国デビューすると、いきなり140キロ後半を投げ、2人目の打者には150キロを計測、(巨人スカウトのスピードガンでは152キロを計測)1回の0.2回を投げ1奪三振。

また、都市対抗予選では1試合の2回を投げ6奪三振、失点0の成績を残している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする