巨人の村田修一が入団テストを視野に!現在の心境とオファー無しを明かす

巨人・戦力外の村田修一選手(36)が現在の心境を明かし、悲壮覚悟!

村田選手が来春の入団テストを視野に入れている心境を語った。これまでと現在は、他球団からのオファーは無いといい、次が決まらないと心も身体も動かないと言う悲壮な心境をコメントしていた。その村田のコメントは代打でもいい、野球がしたいと語っていたが依然どこからも朗報が届かないという。

また、オファーが無い現状でも野球に対しての情熱は失っていないといい、ただ、現在の自分の置かれた立場は分かっている、厳しい現状は理解していると冷静に今の状況を受け止めており、若手育成に舵を切っている球団が多いとの情報も報道などから得ているようで、もしも、最悪な時には最後の決断は自分で決めないといけないと言う悲壮な覚悟も決めていると語っていた。

スポンサーリンク

村田修一、来春キャンプのテスト入団がラストチャンスか

このまま現状が続けば、来春のキャンプでのテスト入団を受けることも視野に入れているといい待つ期限は決めていないという。

しかし、現状ではほとんどの球団が村田選手の獲得は見送るとのコメントが出ており、テスト入団でどこかのチームが獲得してくれれば良いが、シーズンが始まり故障者が出てきた球団がやっと獲得しようかという状況も考えられ、苦しい状況が続きそうな現状。

ドラフトも終わり、トレードも始まっているが、サードとファーストが空いている球団が無いという現状を考えると、獲得を見送るとコメントしているヤクルトやオリックスがサードのバックアッパーとしての可能性がわずかな希望としてあるかないかかもしれないがほぼ絶望的だ。

古巣のDeNAは獲得に動かないとコメントしており、となれば巨人が再契約で獲得をしてくれるかどうかという事になってくるが、村田の背番号25を岡本に与えた現状は村田の退路は断ち切ったとみて良いかもしれない。

最悪は、巨人が再契約で獲得してくれれば丸く収まるが村田がいればきっと使いたくなり、若手育成の障害になりかねない。

また、代打枠として獲得したとしても、その代打の1枠が若手にとっては貴重な育成の場所となるだけに一度切った巨人としても、村田選手の最悪の場合で再契約での獲得を悩むかもしれないが、巨人からの村田復帰論が出ていると言う噂もあることは確かだ。

その村田修一選手は今日の巨人の納会ゴルフに参加し、見事優勝を果たし最後のホールでは巨人からのラストバーディーで締めくくっていた。

最後は、リフレッシュ出来たと語っていた村田選手の巨人復帰はあるのだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする