【巨人】マギー起用で弾かれた村田とクルーズの-3の戦力ダウン

読売巨人軍の戦力補強は現場の要望もあるだろうが

決断するのはGMひきいるフロントだろう。

トレード、FA、ドラフトとすべての球団戦略はフロント主導

何が言いたいのかというと、近年はすべてが的外れな補強戦略ということだ。

そこで、今回は外国人補強について考えてみた。

スポンサーリンク

マギー起用=マイナス3の戦力

確かに、マギーは今や巨人になくてはならない戦力だ。

しかし、マギー起用で村田とクルーズは使えないという補強なのだ。

さらに、この2名と+αで若手育成枠さえも潰れてしまっている

マギーを使えば外国人枠の問題で外国人野手は使えないことになる。

そもそも、開幕前のマギー補強問題について

いや、補強するのはそこのポジョンじゃないでしょ?

と、いう意見が大半だったのではないだろうか。

そしてこの補強は村田と阿部のサブという見方が多かったと思うが

それが今やマギーの活躍で村田はベンチだ。

サブが戦力計算できる村田になっている

しかし、こうなることは予想出来たことなのだ。

補強とは足りない戦力、チームの穴を補強するもの

しかし、巨人の補強は戦力を入れ替え穴のポジションに

補強しない結局-にしかならない補強なのだ。

現に、マギー起用で去年と比べると得点は落ちているということから

数字という絶対的データーでも証明されている。

マギー起用で失われた-3

村田=マギーということで戦力を上げる補強は出来ておらず

むしろ足りない戦力補強は出来ておらずマギー補強が

戦力と言うプラスの掛け算にはならずに

村田+マギーが、1+1=マイナス3になっている

補強をしているのだ。もしも、他ポジションで戦力補強していれば

村田と現在打てない守れないOPS6台の中井のかわりに

2軍で6HRと打ちまくっているクルーズを

村田と同時起用出来ていて打線の戦力を上げることが出来ていたし

例え現状維持だったとしても中井の変わりのクルーズの守備で

むしろプラスになっていたはずだ。

さらに、しいて例えると外野にはクルーズ不調時に

ギャレット(補強した新外人)を使えたことになる。

そう、村田のサブではなく

クルーズやギャレットのサブを補強しなければならなかったのだ。

ピンポイントでサードの補強は村田という戦力を殺し

そして、村田のスペアのサードクルーズという

選択肢さえ無くしてしまい

サードはクルーズも出来ることから補強するポイントはサードではなく

阿部と村田のサブで外野とファーストが出来る外国人だっただろう。

そうすればおのずと阿部の変わりにファーストに入った外国人のかわりに

外野に若手育成枠というポジションも出来育成も出来た。

新外国人を外野orファーストで起用出来る外国人を獲得していれば

そのサブがギャレットになり、阿部と村田のスペアにもなり

さらに、新人育成枠も空いてくる。

そう、マギー起用で、村田、クルーズさらに

外野に、クルーズとの併用で外国人起用や

若手育成枠というオプション全てを奪うという

今の巨人に足りない穴をすべてブチ壊した補強の仕方だった。

マギーの活躍で勝った試合と

中井のエラーで負けた試合は同等と私は感じている。

マギーの打撃力1なら中井の打撃力0守備で-1=0

村田打撃力1ならクルーズ打撃力1守備力1=+3

仮に村田の打撃力0だとしても+2の計算になる

マギー起用時=0

村田、マギー起用時=+2~3

結果、村田とクルーズを併用した方が守備で試合を壊すことは無く

村田かクルーズの打撃力で勝てる試合があるだけではなく

村田とクルーズのサブに岡本や中井、吉川尚などの新人育成枠も確保出来た。

それなら、村田とクルーズを併用した方が

阿部と村田のサブに岡本や若手という育成枠も出来たはずだ

本来はこういう育成も考えた補強をするはずなのだが

クルーズ、森福、山口俊、陽、ギャレットと1年換算でも10億以上

が2軍の選手というとんでもない補強の仕方をするフロント。

若手の育成という芽を摘み、ダブルポジションに戦力補強をし

結果、10億という補強がすべて無駄という

結果、村田がマギーに変わっただけで

他のポジションの戦力補強が出来ておらず

戦力の底上げは出来ていないという悪循環

マギーの補強は単純に+にはなっておらず

マギーの補強は足りない穴を埋めれない

+になっていない補強ではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする