村上宗隆(九州学院)2017年ドラフト指名候補!高校生No1捕手

高校生No1捕手の呼び声が高い九州の怪物、村上宗隆は1年生から4番を任せられる左の強打者。また、1年生ながら熊本大会の1回戦一打席目ではグランドスラム、満塁ホームランをかっ飛ばし衝撃のデビューを飾った九州は熊本の怪物こと村上宗隆。

スポンサーリンク

村上宗隆・2017年ドラフト1位候補!九州は熊本県の未来モンスター

九州学院高3年生 村上宗隆は186cm96キロの大型捕手でありながら走力は50m6.1秒の駿足捕手の左のスラッガー。(1年夏までは一塁手)また、二塁送球は1.86の鉄砲肩。甲子園では無安打に終わったが巧みなバットコントロールを見せ大器の片りんが垣間見れた。高校通算本塁打数は52本。

また、5月の交流戦では自身初となる場外弾を打ち、強肩強打の村上はパワーアップし最後の夏に挑むがその効果があらわれた格好だったがベンチプレスは110キロ、デッドリフトは200キロと肉体改造に成功していたのだ。

打撃に関しては柔らかい印象で軽く振ってスタンドまで運ぶ印象。そして空振りはあまりしなくなり高いバットコントロール力と技術力、そしてパワーと打者に必要な巧打力が兼ね揃ってきた印象だ。もしもプロに入りさらに高い育成環境と指導で開花しミート力が付けばプロでは阿部慎之助以来の強肩強打の大型捕手、そして左のスラッガーと、まさに阿部二世の期待が高い。

2017年ドラフト1指名候補・村上宗隆プロフィール

熊本出身 九州学院高 村上宗隆 186cm96キロ 高校通算52本 二塁送球は平均1.9秒 中学時代は二塁を守り捕手に転向した。高校生時はファースも守ったこともある大型の左のスラッガーでまさに4番打者タイプの捕手だろう。

また、清宮選手のプロ入りの動向に関わらず、村上選手の今夏の成績次第では外れ1位では消えてしまう逸材となり、村上捕手の単独での1指名を狙ってくる球団もあるかもしれないだろう。

直近でのスカウトの評価だが、打撃に柔らかさがあり軽く振ってスタンドに運ぶ技術がある、打った瞬間にどこに飛んだのかという当たりは楽しみ。また、現時点では総合力では清宮君にはかなわないが、スイングとパワーは負けていない、などの評価だが甲子園は魔物で活躍次第で一気に評価が変わる。

清宮君は甲子園に出れるかどうか解らないが、仮に出場できなくても評価は不動のものだろうが、村上宗隆捕手が仮に甲子園に出場し結果を残すようであればドラフト1位候補へ一気に躍り出るのではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする