宮本丈(奈良学園大)2017ドラフト指名候補!奈良の安打製造機

2017年プロ野球ドラフト上位候補である宮本丈内野手は今秋ドラフトのNo1内野手と呼び声が高い宮本選手は奈良の安打製造機。

特に内野手が欲しい球団は確実に獲得したい選手であり、2位で狙わないと獲得出来ない選手ではないだろうか。

また、奈良学園大ではベストナイン、MVP、首位打者のタイトルを2回獲得し、俊足巧打タイプの選手では小柄な選手が多い中、この宮本選手は身長も181cmと体格も良くプロに入れば大型内野手の安打製造機になる可能性も秘めている。

巨人と比較したら申し訳ないが、大学時代の重信選手や吉川尚輝選手は俊足巧打タイプの安打製造機タイプだったが体格はそこまで大きくは無く身長で一概には決まらないが、今年活躍しているルーキーで新人王候補でもある西武の源田選手や中日の京田選手などは身長も180cm以上で体格も良いことから、やはりこの“体格”は1つの指標になるかもしれず、その体格も良い宮本はリーグの通算安打記録の更新も手中に収めている。

個人的な感覚で感想でもあるが、ソフトバンクの今宮選手は小柄ながらパンチ力もあり活躍しているが、その体格差を類まれにみるセンスで補っており、やはり体格は魅力だ。

そしてセンスも重要だが体格の生まれ持ったパワーを補うにはやはりこれも生まれ持った才能と技術のセンスも重要になる。

そこに生まれ持った体格が初めから備わっている宮本丈選手は魅力であり大型内野手としてプロで成功する期待は高い。

スポンサーリンク

宮本丈・2017年ドラフト上位指名候補

複数球団が宮本丈内野手の上位指名を狙っているようだが、その中でも阪神の評価が高く鳥谷選手との世代交代に備え、また内野手強化に備えサード・遊撃・セカンドの守備もこなせる宮本を2位指名での獲得を狙ってくるのではないかと予想されるが、内野手を強化したいロッテやオリックス、日本ハムなどの複数の球団も2位指名で狙ってくるのではないだろうかと予想する。

宮本丈(奈良学園大)プロフィール

履正社→奈良大/181cm,80kg 右投右打 遠投95m 50m5.9秒

ミートが上手くバットコントロールが良い中距離砲、プロで成功すれば3割10本の1,2,3番タイプだろうか。

また、足も速く同じ内野手として去年の巨人ドラフト1位の吉川と比較してみると、宮本丈内野手の方が打撃力、長打力がふたまわりは上回っている印象だ。

また、大学時の阪神高山と比較してみると打撃力はそん色なく、宮本はプロ1年目で打率270HR5~10本は狙える可能性があると分析する。

守備は及第点だがプロに入りさらなる守備での飛躍に期待したい。

2017ドラフト指名候補・宮本丈(奈良学園大)プロ評価

今年の4月の試合では9球団のスカウトが集結し、その試合では3打数1安打1盗塁の結果を残しアピールした宮本選手だったが、特に阪神は3人態勢でマークしており本気度が伺える。

※スカウトの一部コメント

阪神スカウト

課題はバッティング(17/1月)素材が良いのはわかっている(17/4月)

広島スカウト

これからじっくり見ていきたい、バッティングが良く12球団がマークする選手だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする