三浦銀二(福岡大大濠)2017ドラフト指名候補!U-18日本代表

2017年ドラフトでは指名が予想される三浦銀二(福岡大大濠)投手は、古賀捕手と共に九州の最強バッテリーとして注目されたMAX146キロの本格派右腕。

夏の甲子園予選の決勝では惜しくも東筑に敗れたが、福岡大大濠のエース・三浦銀二投手の投球を視察したプロ10球団のスカウトの評価が高まった。

また、三浦銀二投手はチームメイトの古賀捕手と共に第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ・高校生日本代表にも選ばれている。

スポンサーリンク

三浦銀二(福岡大大濠)・2017年ドラフト指名候補

巨人のスカウトは春から楽しみな選手として三浦銀二投手を追っており、西武ヤクルトなども三浦銀二投手に注目しており、U-18カナダでの投球内容によっては一気にドラフト上位候補に挙がってくるかもしれない。

現段階でのドラフトでの指名はU-18での投球内容次第ということもあるが、4,5位辺りの指名が濃厚だと予想される。

2017年ドラフト指名候補・三浦銀二プロフィール

三浦銀二(みうら・ぎんじ)175cm,75kg 右投右打 MAX147キロ 変化球:カーブ・スライダー・チェンジアップ 

146キロ前後の伸びのある速球とスライダーなどの変化球での高い奪三振率が特徴の選手で、春はややコントロールを乱す場面も感じたが、夏までの期間で著しい成長を感じる選手の1人で夏の甲子園福岡大会では、さらに奪三振率が上がりコントロールが良くなってきた印象でこの半年で急成長した選手ではないだろうか。

また、夏の甲子園福岡大会の成績は、全7試合に先発し今夏740球を投げ抜いた。成績は、54回を投げ68奪三振、12四死球、失点6 防御率は0.83だった。

福岡大会決勝戦では8回を投げ3失点、1-3で敗れてしまったが10奪三振と好投し決勝戦のマウンドを1人で投げ抜いた三浦銀二投手は、プロ入りについてはプロ入りも視野に入れながらと明言は避けたがさまざまな可能性から答えを探るようだが、九州最強バッテリーと呼び声が高いチームメートの古賀捕手と共に第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ・高校生日本代表にも選ばれており、そこでプロ入りかについての結論が出るのではと予想される。

過去にも進学予定の選手が日本代表に選ばれチームメイトに刺激されプロ入りへと気持ちが傾いた選手もいるためもしもここで好投すればプロで投げてみたいという気持ちの変化が出てくるかもしれず、三浦銀二投手のプロ入りへの明言に期待される。

※U-18ワールドカップで自己最速を更新する147キロを投げる。

※また、三浦銀二投手の進学も決定した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする