中日・松坂大輔が開幕巨人戦(4月3日~5日)デビュー内定か

松坂大輔投手の起用法については、3月3日のオープン戦開幕の楽天戦で投げさせ、ペナントでは開幕1軍は無しで広島戦は回避し、本拠地名古屋ドーム開幕戦の4月3日、または4日、5日の巨人戦のどれかに投げる可能性を示唆している。あくまでも、松坂投手の調整次第だが・・

中日ドラゴンズに松坂大輔選手が入団し、ドラゴンズのキャンプが盛り上がっている。それは、ドラゴンズのキャンプにファンやマスコミが増え、森監督が中日のキャンプに来て14年目になる今年は初めてマスコミ用のキャップが足りなくなったという松坂効果。

もともと、松坂選手の獲得には1500万円という年俸はもとより、その集客力とも言われ球団の人気回復の為の獲得でもっと若い選手を使えとファンの間でも批判的なコメントも目立っていたが、森監督はもともと西武時代での松坂選手の恩師。

西武が獲ってくれれば一番良かったけどと前置きしつつ俺が球団に頭を下げて獲得した、まだ出来ると判断して獲得したこともコメントしていたが、その松坂投手の起用法については中10日、ペナントで10回投げてくれれば良いという。

1か月に1回投げてローテの6番手、7番手で投げてくれれば良いと今季の松坂大輔投手の起用法を語っていた。

スポンサーリンク

松坂大輔オープン戦開幕楽天戦デビュー

森監督が、松坂大輔投手を3月3日のオープン戦開幕の楽天戦で投げさせることを示唆している。その後のペナントでの起用法については、開幕広島戦はビジターということから1軍は無い、そして本拠地である名古屋ドーム開幕戦での4月3日、または4日、5日の巨人戦のどれかに投げる可能性を示唆しているが、

松坂を獲った時から松坂の復活は可能で、獲得した時から松坂投手の起用法は決めていたと語っていた。その森監督は再生、復活は可能と思い獲得したが驚いたのは松坂投手の集客力、松坂効果で森監督が中日のキャンプに参加して以来14年目で初となるマスコミの多さに驚いていた。

そのマスコミの目的はもちろん松坂投手の現在の状態で、そして開幕後の松坂投手の起用法についてだろう。そして連日マスコミや各球団の007は松坂のキャンプでの調整の一挙手一投足に注目していると思われるが、ドラゴンズナインである京田選手は松坂大輔投手の伝家の宝刀スライダーのキレに驚き、球速も140キロは出ており復活か?と騒がれているがいよいよ24日からオープン戦がはじまり、そこでの投球内容、結果で今季の松坂投手の本当の状態がわかる。

ダメなら引退させると語っている森監督だが、獲得してくれた監督に松坂大輔投手はまずはオープン戦で好投し、開幕OKの一発回答の結果を出し森監督に恩返しが出来るのだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする