【歴史的資料紛失】TBSマツコの知らない世界で流出・情報呼びかけ

2016年10月18日に放送したTBSのバラエティ番組・”マツコの知らない世界”(毎週火20:57)にて、この日の企画であった「号外の世界」で出演した持ち主の提供した超貴重な歴史的資料8点を紛失してしまい、その資料についての情報提供を呼び掛けている事案が問題となっている。

また番組に出演し資料を提供した出演者とはすでに和解が成立しています。そして番組では引き続き紛失した号外を探しています。というが、番組のサイト内にお知らせとして掲載された”貴重な資料の一部を番組の不注意で紛失してしまいました”という出来事は、一体どんな内容なのだろうか。

スポンサーリンク

マツコの知らない世界で貴重な昔の号外新聞8点が紛失する

番組で噴出した資料は、”清佛要件の電報を特に御報申上候”や”昭和16年12月8日付大阪毎日新聞号外 ・ハワイ等奇襲奏功”、また”昭和16年12月8日付 名古屋新聞第2号外ホノルルを大空襲”や”明治17年8月30日付東京日日新聞号外(葉書号外)”の裏と表の1点ずつ、さらに”昭和18年9月9日付 中部日本新聞号外戦争の大勢に影響なし”そして”昭和19年8月11日付朝日新聞・産業経済新聞・大阪新聞・毎日新聞・共同特報今暁本土来襲の敵機撃退”などの8点が流出したという。

持ち主は2016年12月5日付けで警察署に紛失届を提出しました、TBSに貸し出した資料300点の内の一部である8点が紛失するという事件が起こりました。と報告しているが現在にいたってもまだその資料の発見や持ち主からの届け出もなく、今回の呼びかけに発展したようだがはたしてこの資料は持ち主の元へ戻ってくるのだろうか。預かった300点の内の8点を紛失してしまったとのことだが、すでに捨ててしまったりシュレッダーにかけてしまったりしていなければいいのだが。

また、TBSや制作会社側も捜査の協力を呼び掛けているが、持ち主である小林氏は、自身のサイトにて「探しています!」と紛失した資料の詳細な情報と紛失した8点の画像を公開していますのでお心当たりのある方は小林氏のサイトにてご提供を。

TBSがお届けする情報バラエティ番組”マツコの知らない世界”とは

TBSが放送する”マツコの知らない世界”は芸能人であるマツコ・デラックスが、マツコが知らない、視聴者も知らない最新であり斬新なこれから来るであろう流行を先取りし、また本当に誰も知らないマニアックな世界を、その分野に特化したプレゼンテーターの解説と、マツコの鋭い突っ込みからその世界に切り込んでいく、TBSが視聴者に提供する情報バラエティ番組。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする