楽天の松井裕が登録抹消!26日からの体調不良で痛い守護神の離脱

東北楽天イーグルスにまた激震が走った。今度は守護神の松井裕投手が体調不良による登録抹消となり、変わりに青山浩二投手が登録された。

現在パ・リーグ2位の29セーブを上げ防御率0.20と抜群の安定感を誇っていた守護神の離脱という痛いアクシデントが発生した。

今季の楽天は岡島選手や腰痛で藤田選手とひじ痛で茂木選手という二遊間のW離脱に恐怖の二番バッターであるペゲーロ選手の左太もも裏痛による離脱と主力選手の大量離脱という負傷者が続出していたが、ここへきて最後のとどめというべきか、まさかの守護神・松井裕が登録抹消されるという異常事態が起きてしまった。

スポンサーリンク

楽天イーグルス・松井裕が体調不良で登録抹消

松井裕投手が26日から体調不良を訴えていたといい、その日の9回には福山投手が登板していたが松井投手にアクシデントが起こっていたようだ。また、この日は姿を見せずに別メニューの調整に入った。

また、診断結果は左大円筋付着部炎部分損傷、復帰まで全治4週間の見込み。

これまでの勤続疲労、疲れからきた肩の痛みだろうか。梨田監督は1日1日様子をみながら松井投手の復活を目指していくと語った。

また、同じく今江選手もこの日の27日、6回の守備でソフトバンク松田選手と衝突し左手首の骨折、再検査での詳しい詳細が待たれる。

※松井裕投手のこれまでの成績:43試合3勝1敗29セーブ

今季の楽天イーグルスは、オールスター球宴後に、ペゲーロ選手、藤田選手、茂木選手、岡島選手とこれまでの快進撃を支えてきたメンバーが毎週のごとく1人1人離脱していくというアクシデントに見舞われ4年ぶりのペナント奪回に向けて暗雲が垂れこめてきていたが、最後のとどめと言うべきか、もうこれで終わりにしてくれというべき状況だったが、これまで43試合に登板し救援失敗は1度だけという絶対的守護神までもが離脱してしまった。

原因は不明だがこれまで長年務めてきた守護神という勤続疲労からきたものだろうかと推測されているが、今季はWBCもありこれまでの負担と重なったのだろうか。

また、昨日は緊急トレードで獲得した巨人のルイス・クルーズ選手の獲得により即スタメンでタイムリーと結果を出し明るい話題が増えていただけに守護神の離脱は非常に痛い。

楽天イーグルス・茂木選手最新情報

茂木選手はオールスター戦を辞退したことから最短で今月末には規則上は復帰できる予定だが、その茂木選手は昨日のイースタンの対巨人戦に出場し復帰間近にみられるが、キャッチボールはまだ10m~20m程度しか出来ておらず守備にはまだつけない状況で、もうしばらくかかるかという状態で今月末の復帰は厳しい様子だが8月上旬辺りの1軍復帰となってくるだろうか。

また、ペゲーロ選手は左半腱様筋部分損傷で復帰まで2~3週間ということで、早くて9月中の復帰が見込まれている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする