巨人・増井浩俊FA宣言(日本ハム)獲りへ!オリックスも獲得調査

日本ハムの増井浩俊がFA宣言!巨人とオリックスが獲得調査へ

日本ハムの増井浩俊(33)がFA権の行使を決断した。この日までに日本ハムからのチームに増井が必要との残留要請での高条件を提示されていたと見られるが、増井投手の希望とは契約年数で開きがあったとみられ、増井投手は3年以上の複数年契約を希望し、また宣言残留も認めてもらえるとのことから日本ハムへの残留も視野に入れFA宣言に踏み切ったとみられる。

また、契約年数に開きがあると語っていた増井投手だが、獲得調査に乗り出すとみられている巨人とオリックスの間で、3年以上の複数年契約が基本に争奪戦へと発展していきそうだ。

スポンサーリンク

日本ハム増井浩俊がFA宣言

巨人×オリックスの増井争奪戦

ともに金満球団と言われている巨人とオリックスの両球団だが、球団の財力、資産はオリックスが上ではないだろうか。

オリックスも本気を出せば高条件を提示出来る財力は有り、巨人も狙った獲物はマネーゲームになろうがあるだけぶっ込むのが巨人だ。

となれば、巨人とオリックスのマネーゲームへの発展が予想され、今季2,2億円の年俸だった増井投手は、推測すると最低でも2.5億円~3億円の3年契約、もしくは推定年俸2億円の4年契約、ここら辺の争いになってきそうだと感じますが、へたをすれば3年総額8億円~9億円まで跳ねがるかもしれない。

それは昨年の巨人が山口俊投手や、陽岱鋼選手を獲得したことから分かるように、山口俊投手の年俸は一連のトラブルにより実は3億円?とも言われる年俸だったことが明るみに出てきていた。

また、陽岱鋼選手に至ったは5年15億円と、山口俊と陽岱鋼選手の両選手は他球団とのマネーゲームにて青天井まで釣り上がってしまったのだ。

それらを考えると、巨人とオリックスとの争奪戦はどこまで年俸が上がるかは予測不能だが、両球団がガチンコで争えば3年3億円前後での争奪戦になることは安易に推測できそうな気もしますが、巨人は負け戦はしない球団で獲りに行くと決め宣言すればどこまで年俸が跳ねあがろうが必ず獲得する。

今オフの巨人の補強の最大の課題は、クローザーに先発だが、両方できる増井は全力で狙いに行くことは予想されますが、オリックスの本気も怖い。

あくまでも予想ですが、巨人は4年10億円、年俸2.5億円の総額4年10億円、もしくは3年7.5億円~9億円の条件を提示しなければオリックスとの争奪戦には勝てないかもしれない・・

後は、家族を東京に残している増井を考えると条件的には巨人が有利かなと感じますが、どこまで年俸を提示するのかにも注目だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする