前田健太・2年目の年俸は9億円!1年目13億から4億円の減俸に

元・広島カープ、現ドジャースの前田健太投手の今季の年俸は、出来高などのインセンティブを含めると約、9億円の年俸を手にすることになる。昨年の推定年俸、13億5000万円から比べると、約4億5000万円のマイナスだ。

やはり、基本年俸が低いインセンティブでの評価は厳しいと感じる。特に、今季の前田投手のプレーオフでの中継ぎの活躍を見ると尚更ではないだろうか。

投球回数、イニング数が多いほど年俸が加算されるインセンティブでの前田の起用法は、いくら中継ぎで抑え、無失点に抑え称賛されようが年俸は低くなるだけという、中継ぎで活躍すればするほど、中継ぎでの起用が多くなればなるほど先発でのイニングは食えなくなるという悪循環なのだ。

9億円の年俸を考えれば日本と比べると、日本では貰える額では無いが、問題は年ごとで年俸の開きがあればある程、そして上限が激しいほど税金で引かれる分を翌年に残しておかないと払えなくなるという事だ。

今季の年俸は推定13.5億円だ。それが、インセンティブ契約で翌年の年俸が下がれば払えなくなるという、日本人選手で良く聞く高額年俸選手の落とし穴。

前田選手は奥さんもいることからしっかりとお金の管理はしていると思われるが、一定の年俸での複数年契約の日本の契約とは違い、またメジャーでも通常とは程遠い前田投手の厳しいインセンティブの条件では安定せず、先発では無く中継ぎで起用されると高額な年俸を手にすることが出来ない前田投手の契約での中継ぎ起用は投手不利、中継ぎで起用するならば条件の見直しも検討しても良いのではないだろうか。

スポンサーリンク

前田健太のメジャー契約

前田健太の契約は、ベースとなる基本契約の8年総額2500万ドル、約26億円だ。

単年300万ドルの約3億円にインセンティブが付く。開幕ロースター入り、イニング数、先発登板数などがあるが、

先発登板10、20登板でそれぞれ100万ドル、25、30、32登板で150万ドル、イニング数に応じて最大100万ドル。

先発32登板の満額で、650万ドルという先発で投げないと約7億円近くのインセンティブが貰えないという訳だ。

そこにイニング数が加算され最大200イニングで100万ドル。

毎年の契約金100万ドルに、年俸の300万ドル、開幕ロースター入りで15万ドル、先発の登板数で650万ドル、イニング数の100万ドル、合計、約1200万ドルという訳になるが、先発の登板数が厄介なインセンティブ。

もしも、中継ぎで起用するなら中継ぎの登板数ごとのインセンティブを設定しないと前田投手はいくら活躍しても投げ損になるが、

来季の前田は先発で考えているというから前田本人もひとまずは一安心だろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする