中日・京田 陽太!新人王に一番近い男の独占インタビュー

中日ドラゴンズの核弾頭、新スピードスターの座を”獲得した”と言っても過言ではないのではないだろうか。専門家の評価では今季の中日ドラゴンズの評価は低くペナント順位予想でも最下位に予想する専門家は多く、また”そう予想される戦力”だったことは間違いないだろうか、どこのチームにも毎年予想出来ない戦力、突然開花する選手が現れるものだが中日ドラゴンズに突如現れた走攻守揃った新戦力が、2016年ドラ1ルーキーというまさかの京田 陽太(きょうだ ようた)だったのだ。

スポンサーリンク

2016年ドラフト内野手論争に終止符か?

2017年のドラフトで話題になった内野手論争があった。それは、巨人・吉川、阪神・大山、中日・京田、西武・源田と4人の内野手の”誰が当たりか?”という論争だったのだが、プロ入り前の一番の評価は話題性では巨人・吉川だった。そして京田や大山、源田選手達はさほど活躍はしないという下馬評価だったのだが、中日ドラゴンズや西武、阪神は、例えば西武なら源田をこの中の4人の内野手の中で1番上と評価し3位で獲れると判断し3位で獲得した。阪神の大山は金本監督の希望で1位を狙い1位指名した。中日もそう、チームの穴である内野手の補強は2位で京田を選んだわけだ。巨人は外れ1位で吉川尚を獲得したわけだが、巨人以外のスカウト達の評価は吉川はセンス型、即戦力は京田と評していた。

しかし、プロ野球が開幕しいざふたを開けてみると見事に話題性で先行していた巨人・吉川は故障で出遅れ、その裏で専門家の間では実力を評価されていた中日・京田や、京田や吉川より上と実力を見抜き獲得した西武・源田というこの両者の内野手が今や新人王に一番近い男だったりするのであるから野球は面白い。

中日・京田 陽太の独占インタビュー

まだ80試合が経過しようとしている段階ではあるが、現在の京田の成績は打率291HR1打点17盗塁15と新人らしからぬ成績を収めている。ましてや野手での新人王は出にくいと言われている中で1年目のルーキーでのこの成績は立派な数字だ。

その京田選手は、春先は中々打率も上がらず守備も安定していなかったが森監督の我慢強い起用が実ったのか右肩上がりに成績も上昇していったのだが、その京田選手はインタビューでこんなことを言っていた。

僕の中での1番バッターのイメージは1番多く塁に出て1番多くホームに帰ってくるのが1番打者だと。また、これまでは守備と走塁にしか興味がなく大学の時はバッティングは何も考えていなかったが、プロに入りスタメンで出るためには打撃力もないと試合に出れないと思うようになったと語っていた。

また今後の課題をファーボール、出塁率を上げることとも語った京田陽太選手だった(7月8日現在出塁率322四球9)が、今の中日ドラゴンズに勢いを与えているのは間違いなく新人王に一番近い男、京田陽太だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする