巨人・鍬原拓也の肩の爆弾を知っていた他球団は指名を回避していた

またか、巨人ファンはそう感じたのではないだろうか。丁度二年前の同じころに2016年ドラフト1位で指名された吉川尚輝選手は、上半身のコンディショニング不足でキャンプは3軍スタート。それからほぼ1年2軍で過ごしペナント終了間際に1軍戦に出場し3安打の固め打ちでアピールしたが時すでに遅し、同じ内野手として比較された中日の京田選手は新人王獲得と大きく差を付けられてしまった。

この2年前の巨人の吉川尚輝選手の指名は他球団から疑問視されていた。巨人のスカウト以外はほとんどが京田が上、と見ていたからだ。練習嫌いの吉川は華はあるが即戦力なら京田と分析していた他球団は巨人のスカウトを疑問視していた。

この2年前の吉川の1位と、今年の鍬原拓也の1位指名が被るのだ。

スポンサーリンク

巨人のスカウト陣は大丈夫なのか

他球団は中学時代から肩に爆弾を抱え、中大にパイプのある他球団は昨年夏に肩を壊していた鍬原拓也の1位指名を回避していた。しかし、巨人は外れ1位ではあるが爆弾持ちの鍬原拓也投手を1位指名。

他球団のスカウトは巨人は余裕があるねと首をひねっていたらしいが、畠投手もシーズン後半に活躍したが昨年のドラフト後すぐに肘にメスを入れていた。

この巨人の壊れやすい選手ばかりの獲得は、はっきりいって異常、スカウトは何を評価し何処を見て獲得しているのか、スカウトとして機能しているのか?と感じてしまいますが、他球団のスカウトは昨年の畠、吉川尚、そして今年の鍬原拓也投手の補強に首をかしげているだろう。嫌、失礼ながら過去のドラフトの指名も誰とは言わないがその順位なら他球団でブレイクした選手を巨人の指名順位では先に獲得できただろう。という選手も数多くいる。

吉川尚輝選手は1年目だけでは判断できない、今年一気にブレイクする可能性もあり能力的に比較され結果がわかるのは今年で、今年は京田より吉川が活躍するかもしれない。しかし、何が言いたいのかというと他球団と巨人のスカウトの分析力。

畠投手についてはメスを入れることを解りながらそれでも獲得、治れば即戦力としての獲得だっただろう。

それと同じように鍬原拓也投手も畠の活躍により二匹目のドジョウを狙ったのかもしれないが、巨人に求められるのは即戦力投手だ。外れ1位にはドラフト前投手の評価では失礼ながら鍬原拓也投手より期待値は高い投手も狙えたはずだ。

畠投手と同じように肩が治り活躍してくれれば良いが、肩の爆弾はヘタをすれば選手生命をも左右する。

夏にだましだまし投げて以降、2か月もボールを握っていなかった鍬原拓也投手がまだボールを握れないでいる。

この現状はスカウティング能力の疑問、鍬原拓也投手が開幕から投げれるか投げれないかはまだはっきりしてはいないが、開幕3軍リハビリ組でのスタートが現状であることを考えれば、巨人のスカウティグ方針の見直しは必要かもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする